« その後のED78 | トップページ | 今週の入荷品 »

2020年10月16日 (金)

イリサワ「乗客100人セット」を使ってみると・・・

 先日ご紹介した問屋のイリサワが発売しているHO用人形、「運転士・車掌・乗客100」セットです。

Cimg9444 Cimg9443

 建築模型にあるような「人混みを表現する」人形というコンセプトですから、色差しなどは結構アバウトなのですが、ある意味電車も人混みですから試しに使ってみました。

Cimg9446

 小田急2200形6連に乗せてみました。100人ですから、1両あたり15、6人という計算ですが、座席も結構あいていてみんな座れるということで、小田急線の急行では末端の新松田~小田原あたりのイメージでしょうか。

 実際には各車均等に乗っているというわけではなく、新松田~小田原あたりでは編成の真ん中あたりは多く、両端はガラガラですから、乗せる人数もそれを意識してみました。座らせる位置も、ガラガラの時は隅っこに座る人が多いですね。たまに真ん中辺にでーんと座っている人もいますが。そんな実際の車内を考えながら並べてみました。

Cimg9447

 編成中ほどのややたくさん乗っているところです。最近は室内灯が非常に良くなりましたし、座席が付いているのも当たり前です。車内や座席を塗り分けてやると、空で走っているのがとても気になって来ます。取りあえずガラガラとはいえ、乗客が乗ると俄かにそれらしく見えてきます。派手目な色のものが多いので、服の色など手を加えてやるともっと実感的になるでしょう。

 走らせてみるとこんな感じです。結構イメージが変わりますね。

 まあ、平日の8:30頃の下北沢到着直前の上り電車をやろうとすれば、人形代がいくらかかるか、ということにもなりますが・・・。

 

|

« その後のED78 | トップページ | 今週の入荷品 »

コメント

めぐみのやまちゃん さま

 コメント有難うございます。黒木製作所にも人混み再現用の廉価バージョンがありますね。空で走っているよりは全然良いと思います。

投稿: さがみ | 2020年10月17日 (土) 17時29分

人形、面白そうですね。
興味はあるのですが、長編成ですととてつもなく金額が掛かりそうで…

私は今のところ黒木製作所発売の「昭和の偉い人」が新1号編成に乗車しているだけです

投稿: めぐみのやまちゃん(山内崇弘) | 2020年10月17日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後のED78 | トップページ | 今週の入荷品 »