« 登山モハ1形102号 パンタ交換 | トップページ | オカ製登山電車 パンタ取り換え完了 »

2020年10月22日 (木)

ED78 尾灯点灯

 例の古いED78の続きです。

Cimg9556

 すぐに球切れする1.5V定電圧点灯をLEDに置き換えます。当初点灯しなかった尾灯もわけなく点灯できるのは時代の流れですね。

 ただ、プリント基板が劣化して銅の部分が剥がれかけていたのには閉口しました。凝った回路になっていて、基盤のダイオードを撤去するとモーターも動かなくなります。モータはリード線で台車からの接点に直結し、天井の基盤はライト関係の上下接点用ということにしました。

 一から配線引き直した方が早かったような気もしますが・・・。まあ、当時としては斬新な設計だったのでしょう。店レイアウトのものは、動力更新が第一だったので、プリント基板はあっさり撤去していたので、こういう風になっているのには気付いていませんでした。

|

« 登山モハ1形102号 パンタ交換 | トップページ | オカ製登山電車 パンタ取り換え完了 »

コメント

井口 さま

 コメント有難うございます。当時の天賞堂は、ディテールも構造も意欲的なものが多かったですね。定電圧点灯も今のようなLEDもない時代、製品として似たようなものはエコーの「Lシステム」くらいだったでしょうか。

 今の天賞堂は、中国丸投げのプラやダイキャストばかりで寂しい限りですが・・・。

投稿: さがみ | 2020年10月22日 (木) 23時46分

凝った基盤ですね。1.5V電球は切れやすい様です。私もテスト中に切れてしまい、2ミリアクリル丸棒からレンズを作り、手持ちの12V球で対処しました。オンオフスイッチは当時としては、良く出来ていると思います。分解してみると、天賞堂の質(当時)の良さがわかります。

投稿: 井口 | 2020年10月22日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登山モハ1形102号 パンタ交換 | トップページ | オカ製登山電車 パンタ取り換え完了 »