« 梅雨が明けたので塗装へ | トップページ | これは便利! タミヤのモデルクリーニングブラシ »

2020年8月 3日 (月)

塗装の続き

 天気が良いので塗装の続きです。

Cimg8769

 発色を良くするためにアイボリーで塗り潰した車体に黄柑色を吹きます。かなり鮮やかな感じです。

Cimg8770

 黄柑色が乾いたらマスキングをします。正面にはいろいろなものが付いていますが、1000代ではタイフォンは後付けにするべきだったなと思ったものの、後の祭りです。気合を入れてマスキングしました。

Cimg8771

 次に緑を塗るわけですが、実はその前にマスキング状態でもう一度黄柑色を軽く吹きます。こうすることで、テープの微細な隙間から緑色が侵入するのを防ぐことが出来ます。

Cimg8772

 マスキングを剥がします。極端な吹込みもなく、修正は比較的容易に出来そうです。

Cimg8773

 次に屋根も塗ります。ベンチレーターなどはこの後塗分けます。

Cimg8774

 未修整ですが、仮に床板をはめて線路に載せてみます。黄柑色の発色は狙い通りの結果になって大成功です。クーラーはステンレスキセのAU75Gに換装された姿ということで、エンドウ品に載せ換えます。このパーツはネジ止め式なので、別に塗装して最後に取り付けますが、仮に屋根に載せて感じを見てみました。113系末期にはこのようにクーラーが交換されたものも結構ありましたが、そのようなものを容易に再現できるのも真鍮キットの魅力ですね。

 

 

|

« 梅雨が明けたので塗装へ | トップページ | これは便利! タミヤのモデルクリーニングブラシ »

コメント

井口さま

 コメント有難うございます。傾向として、赤や黄色系統の色は隠蔽力が弱い感じですね。ムキになって発色させようと塗り重ねても厚塗りボテボテになるばかりで、一向に発色は良くなりませんね。

 緑を吹く前にオレンジを軽く吹くと、残っている隙間にオレンジが吹き込んで塞いでくれるので、見た目吹込みがあったのはバレませんし、緑は隙間から吹き込むこともなくなるというわけです。ぜひ一度お試しください。

投稿: さがみ | 2020年8月 7日 (金) 15時10分

湘南色は下地にクリームを塗装すると映える、と聞いた事があります。マスキングの後、オレンジを軽く塗装すると吹き込みも少なくなるとは。このブログは色々参考になります。

投稿: 井口 | 2020年8月 7日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨が明けたので塗装へ | トップページ | これは便利! タミヤのモデルクリーニングブラシ »