« 1両目のクハを今風にします | トップページ | 床板の改造 »

2020年7月 3日 (金)

今週の入荷品

 ネット支店の内容充実を考えて、今まで置いなかったものもボチボチ追加していますが、今週はこのようなものが入荷しています。

Cimg8602 Cimg8603

 エンドウのキハ48-500代塗装済みキットです。ハンダ付け・塗装済みの車体に窓ガラスを接着し、照明や座席を取り付け、台車や動力装置を組み込んで完成させます。ハンダ付けは照明やモーターの配線程度です。座席と床下機器は含まれていますが、台車・動力装置・ライト類が別途になります。動力はMPギヤシステムを使用する設計です。

 価格は本体32,000-で、他にM車にする場合の台車、動力部品が13,000-程度、T車にする場合の台車と車輪だけの場合は2,200-です。照明は何を使うかで変わってきますが、管理人が作例で使用しているモデルシーダーのものでは一式5,000-程度です。M車に仕立てる場合、概ね50,000-といったところですが、メーカー完成品は80,000-ですからお買い得感があります。そして、簡単な作業とは言えども、自分で手をかけたものはやはり愛着が沸きますね。比較的リーズナブルな価格で本格的なブラスモデルが手に入るのが一番の魅力かもしれません。

 実車はキハ40系のうち、本州寒冷地向けとして、デッキ付き、上段下降・下段上昇式の窓、空気バネ台車付きというもので、トイレ付きの500代とトイレなしの1500代がありました。ただこの2者が必ずユニットで使用されるというわけではなく、管理人もキハ10系の置き換えで登場した頃に、キハ17と連結して超凸凹編成になっているのを見たことがあります。

 今回お試しで取ってみましたが、なかなか良い感じなので、他にあるものも近日中に追加しようと思います。安全で便利なネット支店にも登録してあります。

 

ネット支店⇒https://ms-sagami.raku-uru.jp/

 このところ再び感染が拡大していますので、非接触で安全なネット支店のご利用をお願いいたします。

 

 

|

« 1両目のクハを今風にします | トップページ | 床板の改造 »

コメント

井口さま

 コメント有難うございます。このキットではM車にするかT車にするかは任意ですし、ライト類も好みのものをチョイスして取り付けることになっていますから、基本的な配線を覚えるにも好材料かもしれません。手を動かすきっかけになってくれると嬉しいですね。

投稿: さがみ | 2020年7月 5日 (日) 09時33分

塗装済みキットは、値段も安くなるので良いですね。結線を含んだ組み立ては、メンテナンスも出来る事に繋がります。

投稿: 井口 | 2020年7月 4日 (土) 21時46分

めぐみのやまちゃん さま
 コメント有難うございます。試行錯誤的な面もあるようで、宣伝が行き届いてない感はありますが、いろいろやって来ますね。中学校の技術科で習ったラジオのハンダ付けが出来れば、プラ製品に毛が生えた程度の値段で本格的なブラスモデルが手に入るというのは大きな魅力だと思います。
 プラモデルやソリッドモデルを引き合いに出すまでもなく、模型というのは本来作るところから始まったのですから、いくらかなりともこうして自分で手を動かす要素というのは大事にしたいですね。全部人任せにするから高くなるわけですし・・・。

投稿: さがみ | 2020年7月 4日 (土) 19時08分

こんにちは、お久しぶりです。
最近のエンドウさんは元気が良いですね。
ハイクオリティな1編成100万円もあれば、このようなお値打ちキットも販売!
昨今の住環境で塗装が出来ない方も多い中、ブラスHOファンを少しでも増やそうとする戦略でしょうか。
大賛成・大歓迎ですね。

投稿: めぐみのやまちゃん(山内崇弘) | 2020年7月 4日 (土) 12時42分

 所長失格さま
 コメント有難うございます。エンドウも会社の体制が変わってから、いろいろ面白いことをやって来ますね。今回の塗装済みキットは、もちろん一発プレスではなく、現代水準のものなので、かなりお値打ちだと思います。

投稿: さがみ | 2020年7月 4日 (土) 01時15分

久しぶりに書きます。「塗装済キット」-はるか昔、自分が子供のころ流行っていました。当時は同じ製品で「未塗装キット」「塗装済キット」
「塗装済完成品」と3種類あって、それぞれ価格が表示され、未塗装キット<塗装済キット<塗装済完成品 の順に価格が高くなっていました。
キットといっても今のようにバラバラなパーツを半田付けするのではなく車体はほぼ組みあがっているものでした。尤もプレス一体のドアなど
今よりもパーツ構成も簡単で、メーカーで形にするのも比較的楽に思えました。
最近ではこの手の「塗りキット」は、フジモデルと系列のあすかモデルくらいしか出していないと思っていましたが、まさかエンドウで出して
いるとは思いませんでした。実は昨日立川のお店に行きましたが、まったく気が付きませんでした。動力パーツを一つずつ買って組み立てるので
あればさがみ様の書かれているくらいの価格ででき、完成品よりはかなりお安く感じます。塗装はメーカーで行っていますから見た目は完成品と
さほど変わらないと思います。こういう商品をもっとメーカーは宣伝してもらいたいですが手間がかかることは確かです。
しかし少しずつこのような商品を購入して手を動かす人が増えるのは歓迎したいと思います。

投稿: 所長失格 | 2020年7月 3日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1両目のクハを今風にします | トップページ | 床板の改造 »