« EF13外観の仕上げ | トップページ | オマケ・・・ »

2020年5月18日 (月)

ウエザリングが出来たので・・・

 ウエザリングが出来たので、再び試運転です。錆色の粒子などが車輪の踏面に飛んでいたりするので、これをよく落としておきます。

 東京都内でEF13を見る時に良くあった、跨線橋から見下ろすイメージで眺めてみます。機関車は大体良いかな、という感じですが貨車がまだ手付かずのものや物足りないものが目につきます。ウエザリング前に多少ギクシャクした動きがあったのは貨車が原因でした。プラ2軸貨車の軸受金具が緩く、走行中に車輪が抜けていました。ちょっと気が付きにくい点です。2軸車より重い音がして欲しいボギー貨車が軽い音なのはプラ貨車の宿命ですね。まあ、昔のエンドウのブリキ貨車の時代と比べればきちんとした造りですし、種類も増えました。貨車は作ると案外面倒なので、贅沢は言えません・・・。
 減光モードっぽい暗いライトも都内ではこの状態で走っていることも多かったので、しばらくそのままにしておきます。LEDだと逆にこの感じ出せませんね。
 走行性能と見た目を両立させようということでしたが、基本がしっかりしているモデルなだけに、当初の思惑通りの結果が得られたと思います。昔から言われているように、基本がダメなものはいくら弄ってもダメ、というのは確かだと思います。天賞堂の機関車を弄るのは・・・という方も多いと思いますが、今はヤフオクあたりに安く投げられているものもありますから、まずはそういったもので弄ってみるのはいかがでしょう。結構ハマりますよ!

 

|

« EF13外観の仕上げ | トップページ | オマケ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF13外観の仕上げ | トップページ | オマケ・・・ »