« オマケのワフ 取りあえず完成 | トップページ | 実店舗営業再開見込みについて »

2020年5月24日 (日)

クモハ32足回り ほぼ完成

 インサイドギヤ仕様で動力の入っていなかったクモハ32の動力化改造、部品が揃ったので一気に進行です。

Cimg8254

 基本的にLN15モーター+MPギヤ使用ですが、モーターホルダーはIMONの#EC115を使用してモーターを完全に床下へ追い出しています。ウエイトは国鉄型ということで車幅に余裕があるのでMPウエイトFを使用しましたが、モーターが下がった分、特にトンネルのモーター側がジョイントと干渉するので拡大しておきました。床下機器の関係で片側のウエイトを外側に取り付けましたが、台車の首振りを確保するため全長を多少詰めてあります。ウエイトの加工状況が見えるようにまだ塗装していません。

 床下機器はMPギヤ用の床下機器取付板を使いますが、あとから出た幅の広い#5506を使用しました。

Cimg8257

 MPギヤ初期からあるEN22対応のものより気持ち幅が広い程度ですが、これで床下機器の配置がずいぶんラクになります。細身のコアレスモーターの特徴が活きて来ます。床下機器はエコー製を使用しています。現状日光製が下請け工場の事情とかで入手が困難になっているので、これしかありません。エコー製品の良い所は、日光製品と違って全部のパーツに取付足があるので、接着取付でもある程度の強度が得られること、ホワイトメタル製なので何となればハンダ付けも出来る点でしょうか。難点は、CP(空気圧縮機)が裏まで作ってあるので、最近標準の床下伝動に対応できないこと、空気ダメが未だに挽物であるところでしょうか。

 Cimg8256

 エコーのCP(空気圧縮機)です。Ak3形という形式で旧型国電で広く使われましたし、戦後戦災焼失の旧型国電を大量に使用した西武鉄道では部品として使い回されて、近年まで営業車で使用されていました。グループの伊豆箱根鉄道や近江鉄道では未だに現役で使用されているものもあります。確かに裏まで出来ていてカッコイイですし、あの「ウォーン ゴトゴトゴトゴト・・・」という音を懐かしく思い出される方もいらっしゃるでしょう。

 でもこのパーツ、床下伝動に対応出来ないだけでなく、CP本体を前後の枠で挟む3ピース構造なのですが、軟らかいホワイトメタル製なのですぐに歪みます。組み立てた後に床下伝動用に加工でもしようものなら木っ端みじんになります。パワートラック全盛の頃の設計だったと思いますので、仕方がない面はありますが、時代の流れに合わせてロストワックスにするとかのアップデートは必要だと思います。 

Cimg8255

 ということで、CPは元の床に付いていた日光のものを移植しています。裏側のCP本体を省略し、表から見えるCMの部分のみを表現しています。これならば問題ありません。似たようなパーツ、以前フクシマでロスト製のをやっていましたが、さすがにこれはもう入手は難しそうです。IMONで袋詰めし直したものでもあれば良いですが・・・。

 このような形で、取りあえず床単体で快調に走るところまで来ました。

|

« オマケのワフ 取りあえず完成 | トップページ | 実店舗営業再開見込みについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オマケのワフ 取りあえず完成 | トップページ | 実店舗営業再開見込みについて »