« 連結器の調整 | トップページ | モデルアイコン タキ5450 日本石油輸送入荷 »

2020年4月 9日 (木)

入換試験

 ホビーのDD13、連結器の動作試験に続いて本格的な入換の試験です。

Cimg7885

 編成から抜き取った客車を留置線に入れる作業です。

Cimg7887

 ポイント部分は絶縁部もありますし、何より線路が凸凹になりがちです。ここをいかにスムーズに通過させられるかが重要です。廃車した天賞堂のDD13の経験もあって、恐ろしいほどスムーズな入換が出来ます。魔改造の塊であることを考えると、これは大成功です。初期型DD13のドドドッという音を考えると静かすぎるのが難点ではありますが・・・。Nゲージのように動力部分はブラックボックスというわけではなく、このように悪戯できるのは16番の大きな魅力だと思います。

 あと、ホイッスルなどの小部品を取り付ければひとまずの完成ということに出来そうです。

|

« 連結器の調整 | トップページ | モデルアイコン タキ5450 日本石油輸送入荷 »

コメント

DCCは独学ではなかなか習得できませんが、コメントを拝見するとDCCを楽しまれている方が周囲にいらっしゃるようですね。
日本ではまだDCCは普及していませんが、私の場合もたまたま周囲にDCCを楽しまれている方が多数いらしたので、何かわからない
ことがあってもすぐに相談できたりアドバイスをいただくことができました。まずは始めてみることをお勧めします。
さがみ様が言われている通り、HO・16番ですと車両の走行音が静かなのでサウンドの効果も大きいです。9mmですとKATOの
SOUND BOXのように固定した場所から音が出てもあまり違和感はありませんが、16番くらいの大きさでレイアウトを走行させると車両
から音が出ているほうが実感的です。トンネルなどで音が反響したりと実物のように聞こえます。

投稿: 所長失格 | 2020年4月13日 (月) 04時12分

 入換運転などの場合、確かにDCCとかも入れたくなってきますね。サウンドもホイッスルくらいは欲しい気もしますが。サウンドを取り入れる場合、走行時にNゲージのようにジージーという音がしては興ざめですが、このDD13、現状ほぼ無音に近い感じで走るので、基本的な環境は整っているとは思います。

投稿: さがみ | 2020年4月11日 (土) 10時01分

所長失格 様
DCC・サウンドの楽しみ方、いろんな方からお誘いを受けております。
誘惑に乗りそうになるのですが、飛び込む勇気が無いだけかもしれませんね。
まぁ、その前に“財力”ですかねぇ…(笑)

投稿: めぐみのやまちゃん(山内崇弘) | 2020年4月11日 (土) 04時23分

めぐみのやまちゃん 様
私も電子的知識は皆無ですが、DCCやサウンドを楽しんでいます。
デコーダーのピンを車両のソケットに差すだけとか、このDD13でも
デコーダーのリード線を車両のモーターやライトの線につなぐだけでDCC車両になります。
音やライト制御が手元でできると模型の楽しみも倍増しますし、重連総括制御や2列車運転も簡単です。
ぜひとも沼?にお越しください。

投稿: 所長失格 | 2020年4月 9日 (木) 23時46分

いいですねぇ…

MP動力で静かになったことを逆手に取ってDCC化・サウンド化をする方も増えていますね。

私は電子的知見が全くないのでその“沼”に入る気はありませんが…

投稿: めぐみのやまちゃん(山内崇弘) | 2020年4月 9日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連結器の調整 | トップページ | モデルアイコン タキ5450 日本石油輸送入荷 »