« GW期間中の営業につきまして | トップページ | 岳南5000形 クハ車の点灯改造 »

2020年4月27日 (月)

その後の岳南5000形

 点灯改造をしたものの片側の尾灯が異常に暗かった岳南5000形、どうも気に入らないのでもう一度チェックしてみました。するとファイバーを差し込んで点灯させる元設計の細いパイプに接着剤のようなものが詰まっていました。最初点灯させるつもりがなかったのでテキトーに工作していたからでしょう。ピンバイスを使ってボーリングを行ってから付け直しました。

 結果は・・・

G1_20200427191601

 今度は文句なしです。カエルの尾灯にしては明るすぎるかな?という気はしますが・・・。

G2_20200427191701

 前照灯もシールドビームということで、低速から明るく光ります。ローカル私鉄電車ですから6~15Vでほぼ一定の明るさで光るこのパーツの特徴が活きてきます。

 結果が出せたので引き続き相棒のクハ車も同様に改造します。

 外出自粛の休日工作にちょうど良い作業ですが、ここで使用しているパーツはネット支店で取り扱っています。小型商品ですから全国へ330円で非接触でポストへのお届けが可能です。宅急便速度ですので、本州・四国は発送翌日、北海道・九州は翌々日の到着です。ネット支店の「ライト・室内灯」の項目をご覧ください。

 

ネット支店⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/

|

« GW期間中の営業につきまして | トップページ | 岳南5000形 クハ車の点灯改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW期間中の営業につきまして | トップページ | 岳南5000形 クハ車の点灯改造 »