« M1.7ビス使用の部品取り付け | トップページ | 15年くらい前のキハ40-700 »

2020年4月16日 (木)

クモニ83試運転と調整

 およそ下回りが形になったクモニ83、試運転を行いました。

 最初はセオリー通り、MP用のユニバーサルジョイントで駆動させていました。φ11.5車輪の場合、どうしても台車の遊びなどに余裕がなくノイズが出がちです。クモニもどうにか走っていますが、ギイギイとヘンな音がします。ウエイトとジョイントが当たっていそうな部分など削ってみたのですが、ノイズがなかなか消えませんし、ポイント通過の際など動きが悪くなったりします。
Cimg7933
 そこで、小田急2200形で好結果を得ているIMONのシリコーンチューブに換えてみました。
 走らせてみると、不快なギイギイ音が一気に消えました。シリコーンチューブの弱点として、どこかと干渉していると一気に削れるというのがありますが、外径太目のユニバーサルジョイント基準で危なっかしい所は手を入れたので問題なさそうです。
Cimg7934
 このシリコーンチューブ、見かけの割に耐久性があり、使い方もハサミで切って押し込むだけと、極めて簡単です。2200形も学祭に貸し出したりして結構走っていますが、トラブルは起きていません。このように取付条件がシビアな場合は、ユニバーサルジョイントよりも良いのかもしれません。
Cimg7931
 仕上げとして、EN22用の巨大な穴は、このようにプラ板で塞いで、室内灯を入れた時に線路を照らさないようにしておきます。
Cimg7932
 連結器は両端とも動力台車ですから復元バネの心配がないIMONの密着連結器を取り付けておきました。実車も新性能車用のものが付いていましたから、形態的にも問題はありません。
Cimg7935
 取りあえず動力部分の更新が出来ました。この後はお客さまにいろいろ手を入れていただくことになります。
 当面コロナウイルスのこともあって店を開けるわけに行きませんので、しばらくは魔改造工房で行くしかないですね。

 

 

|

« M1.7ビス使用の部品取り付け | トップページ | 15年くらい前のキハ40-700 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M1.7ビス使用の部品取り付け | トップページ | 15年くらい前のキハ40-700 »