« 当面の営業について | トップページ | 入換試験 »

2020年4月 7日 (火)

連結器の調整

 ホビーモデルのDD13、単機での走行がほぼ合格だったので次は連結器の調整です。いろいろ試してバルク組み合わせの402Nが良いというのが分かったのでこれを取り付けました。連結はそれほど神経質になる必要はありませんが、解放は高さの調整が重要です。首が長い#16タイプの場合、垂れ下がり過ぎてもアンカプラーに干渉してトラブルを起こします。

 プライヤーを使って微調整の後、解放試験を行いました。

 半世紀以上も前からある単純なシステムですが、面白いですね。機回しや貨車・客車の入換も人の手を介さず、しかも安価にできるというのは大きいと思います。意外とケイディーのこの機能を活かしている方、少ないですね。ぜひ活用していただきたいところです。

 

|

« 当面の営業について | トップページ | 入換試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当面の営業について | トップページ | 入換試験 »