« 今週末の営業につきまして | トップページ | 連結器は・・・ »

2020年4月 2日 (木)

床下機器位置合わせ

 大胆に切断した床下機器、再度塗装して位置合わせです。

Cimg7832

 このようなレイアウトになります。MP対応のものと違って、各機器に奥行きがあるので、ウエイトをどうするかが検討課題です。

Cimg7833

 床下機器は「TER」と「KTM」のロゴが併存しているので、恐らくカツミの初代クモユニ74と同じものなのでしょう。ダイキャスト製ということで、大味な表現ながらそれらしいディテール表現もあるので、細部に色差しをしてみました。抵抗器カバーや抵抗器取り付け部の碍子、断流器のアーク流しなどです。走行本位のモデルですから遠くから見てもそれらしく見えることが大事ですから、黒一色の床下で目立つ部分に手を入れてみたわけです。店レイアウトのデモ車でやっていますが、結構効果的でしたから同様にしてみました。モーターはこの後黒く塗り潰します。塗り潰せば、車体を被せて線路に載せると目立たなくなるはずです。

|

« 今週末の営業につきまして | トップページ | 連結器は・・・ »

コメント

こんばんは。

アバウトな車体にはこのダイキャスト床下機器が似合いますね。
色差しがまた良い感じです。
現代的な床下機器でなく元ネタを流用したのは大正解と思います。

確かにこの床下にウエイト搭載は課題。。。
車内は伽藍洞なので、そちらに荷物に見立てて取付けるのも有りかと思います。、
まぁ、車内表現は乗務員室と荷室の仕切り&車掌室仕切りのプラ板取付けくらいで
済むでしょうから…

投稿: めぐみのやまちゃん | 2020年4月 3日 (金) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週末の営業につきまして | トップページ | 連結器は・・・ »