« タキ5450のウエザリング | トップページ | 営業のお知らせ »

2020年3月19日 (木)

ウエザリングを施したタキ5450を貨物列車に組み込んでみると・・・

 今週ウエザリングを施したモデルアイコンのタキ5450を貨物列車に組み込んでみました。

Cimg7691

 店レイアウトの貨車は、それぞれの特徴が出るようなウエザリングを施しています。隣のテム300は消石灰や袋詰めセメントなどを輸送していたので、白っぽい汚れといった具合に。ナマ状態だと浮いた状態だったタキ5450もうっすら錆っぽい色になって、列車に溶け込んだ感じです。成形色では平面的に見えた台車も、ウエザリングとつや消し処理でディテールが浮かび上がって来ました。

 拠点間輸送体系になる前の貨物列車は、あらゆる種類の貨車がごっちゃに連結されていましたが、模型的にはその場合でも列車全体のまとまりが大事だと思います。

|

« タキ5450のウエザリング | トップページ | 営業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タキ5450のウエザリング | トップページ | 営業のお知らせ »