« 床板の加工 | トップページ | 岳南鉄道5000系 更新工事の検討 »

2020年2月15日 (土)

KATOのEF81

 最近発売されたKATOのEF81を取ってみました。

Cimg7210

 コンセプト的には以前のEF510と同様、なるべく安価にして16番に新規参入してもらおうということのようです。従って小手すりなどはポンチマークが刻印されていて、取り付ける場合は別売りのグレードアップパーツを使うようになっています。

Cimg7211 Cimg7214

 動力はトラクションモーター方式で、前後の台車にコアレスモーターを取り付けた2M式です。

Cimg7224

 こんな構造です。いささか頼りない感じもしますが、これが意外とよく走るのはNゲージメーカーらしいところです。ゴムタイヤで粘着を稼いでいるのもNゲージの考え方ですね。プラ製の客貨車であればそこそこの両数は引っ張れそうです。

Cimg7217

 これがグレードアップパーツセットで、手すり類のほか、白色碍子や常磐無線アンテナなどが含まれています。16番なので、無理に安くするよりも、最初から入れておいてもらった方が良いような気もしますが・・・。

 あとはパンタグラフを塗装してやればぐっと落ち着きそうです。安価な製品なので、いろいろ弄り回してみるのも面白そうです。取りあえずネットショップにも登録しましたので、興味がありましたら宜しくお願いいたします。

ネットショップ⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/

|

« 床板の加工 | トップページ | 岳南鉄道5000系 更新工事の検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 床板の加工 | トップページ | 岳南鉄道5000系 更新工事の検討 »