« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

天賞堂 新パワートラック

 昨年末に天賞堂から新しいパワートラックが発売になっています。動力源がコアレスモーターになったのがウリのようです。本体価格2,800円です。

Cimg7025

Cimg7024

 基本的な構造は従来のものと同様なので、IMONのFM-Dギヤのような走りを期待してはいけないのですが、少なくとも旧パワートラックのキドマイティーよりはかなり良くなっている印象です。

Cimg7023

 取付用のボルスターや板状のウエイトも入っています。

Cimg7030

 構造図です。モーターの形状が一新されています。通電方式の考え方は従来と変わらないようです。ちょっと気になったのが、車輪です。従来のものと違って、車軸の中央寄りが太くなっています。果たして従来のものと互換性があるのか、という点です。

 というのも、昔からパワートラックは電車のようなハコモノだけでなく、通常の動力が収まらない凸型ELなどでも広く使われていたからです。

Cimg7031

 店レイアウトにあるアダチのキットを組んだ小田急デキ1010です。小型の凸型機なので、通常の動力は入らないので、パワートラック2個で走行する構造です。軸距離はパワートラックに合わせて26mmになっていますが、車輪径が特殊なので、パワートラックに対応する車輪が用意されていて取り換えるようになっていました。取りあえず走るのですが、キドマイティーの不安定な走行がイマイチ気に入りません。今度のコアレスの方が安定している印象なので、取り替えたいところなのです。もう36年も前に出たものなのですが、あの頃はそのようにパワートラックを活用した凸型機のキットも結構出ていました。

 現状、新パワートラックが品薄なので、すぐに弄るわけには行かないのですが、ある程度落ち着いたらやってみたいところです。

 ちなみに、同じくアダチで出ていた小田急デキ1050では究極の使い方をしていました。

Cimg7032

 足柄の専売公社から引き取って大野工場の入換に使っていたB凸機です。

Cimg7033

 要はパワートラックに車体を被せただけなのですが、ボンネットにウエイトを詰め込めるので、これが案外良く走ったりします。

 いろいろ応用の利くパワートラックなので、これを使った面白いキットの登場も期待したいところです。鉄コレもどきのクモヤ用で終わらせるのはもったいないですから。

 

| | コメント (4)

箱根登山114号走行調整

 今から四半世紀以上前にホビーメイトオカから出ていた箱根登山の旧型車は決定版的な出来栄えだったのですが、唯一の難点がパワートラック方式の動力でした。特殊な軸距離なので、金属製のケーシングをオリジナルで作るなどコストのかかったものでしたが、基本的に天賞堂のパワートラックと同じようなモーター、同じような構造で、特に低速での走行が安定しませんでした。ご存じのように箱根登山電車は80‰という粘着運転方式では日本一急な勾配を15~20km/hくらいの速度でよじ登っていくわけですから、これはどうにかしたいところでした。

1142

 今から15年ほど前に改造に着手しましたが、その時に考えたのがこのような方式です。すなわち床下にコアレスモーターを取り付け、片側の台車をフクシマのFMギヤWB22.5mmのもので駆動させるのです。22.5という軸距離自体が特殊ですが、これはフクシマが当時出していた機械式気動車のTR26台車に使用するためのものでした。登山はたまたま同じだったわけですが、用途が用途だけにギヤ比が14:1と大きく、低速志向になっているのもお誂え向きでした。

 改造当初はLN14モーターを使用しましたが、廃版になったので後半のものはLN15を使用しています。ホビーメイトオカの登山は全5種類ということで、改造にもかなり時間がかかっていました。

1141

 今日は、だいぶ前に改造だけは終わっていたモハ3形114号の調整です。ロストワックスの台車ということで、微妙な反りなどによる短絡が発生しましたが、チマチマ潰してスローが利くようになりました。

Cimg7018

 既に調整済みのモハ2形112号と連結して、2両での試運転です。ホビーメイトオカ製品で設定されている時代は、まだ3両運転は行われておらず、小田原駅まで入るものも含めて最大2両でした。

 ホビーメイトオカのキット、連結器はダミーのカッコ良いものでしたが連結運転は考慮されておらず、当初はエンドウの密着連結器を取り付けていました。連結、解放のやりにくさ、動力台車側に復元バネが入らないことに加えて、車端に散水タンクがあるので取り付けにくいという問題もありました。しばらく前に出たIMONの密着連結器がこれらの問題を一気に解消してくれたのは、30年近い時の流れを感じさせます。

 実際に走らせてみるとこんな感じです。

 ギヤ比が大きいので、この速度でも7~8Vくらいかかっているので、モーターは安定して回転していて、低速でも不安はありません。
 これでオカ製登山全5両の低速化が完了しました。時間がかかっているので、この後細部の手直しを行います。追加で増備したIMON製のキットに入っていたサボのシール、結構???の部分があったのですが、原料写真があるので、低速化完了を機会に作り直そうと思います。
Ht2_20200131010601 Ht3_20200131010701

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

その後のDD13

 店に持ち込んだものの、ネットショップ絡みで店の模様替え中なのでなかなか進まないDD13ですが、取りあえず現状で線路に載せてみました。

131_20200128231901

132_20200128232001

 まだ動力部分を組み立てていないので自走は出来ませんが、全体のイメージとしてはまあまあかな、という感じです。魔改造の動力なので、調整に難儀するのは必至ですから、ウエザリングなどの最終仕上げは動力調整後にします。

| | コメント (1)

2020年1月26日 (日)

雨樋の取り付け

 引き続きシル、ヘッダー、雨樋などの帯材系の部品を取り付けます。

361_20200126182501

 シル、ヘッダーは前回と同じ要領で作業の省力化を図っています。熱膨張による盛り上がりに注意して進めます。ヘッダーは細いので、盛り上がった場合強引に修正するとぐちゃぐちゃになりやすいので特に注意します。

362_20200126182701

 続いて雨樋ですが、こちらも基本的には同じ要領ですが、ウインドシルよりも厚みがあるので、熱の掛け方に注意が必要です。厚い分、膨張して盛り上がると後始末に難儀しますから。

 タネ車の戦後型オハ35は、資材不足の時代に製造されていたことから鋼鈑屋根・鋼製雨樋のものと屋根布張り、木製雨樋のものが混在していました。当然このタイプのマニ36も混在しているわけですが、今回プロトタイプに選定したものは後者になるので、キットに入っている雨樋部品を使用しました。

363_20200126183801

 但し、このキットには屋根布押さえが入っていないので、後で他社品を取り付けます。

 貫通扉は、昭和42年以降改造のもので使用された窓が極小のタイプです。パーツとしては工房ひろの#0361貫通ドアLが適合します。

364_20200126184301

 取りあえずハンダ付けしただけですが、全体はこんな感じです。

 最近は、混沌とした感じだったマニ36に関する資料本がいろいろ出ていますし、ネットにも現車の写真などが結構出ているので、テキトーに作るわけには行かなくなりました。それに対応する部品も色々出ていますからなおさらですね。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

ネットショップのお知らせ

 引き続きネットショップの商品登録を行っています。今は、以前当雑談室での事例で使用した客車パーツの登録を行っています。

Cimg6919

 登録と合わせて、リアル店舗の商品展示も見やすいように改めています。商品管理がシステム化されるのと、管理人の体調が改善して、中腰での作業がだいぶやり易くなってきたことによります。

 Pc

 客車は、電車のようにただ既製品を連結しただけではイメージが出ません。こうした小パーツがを駆使するのがポイントになります。小パーツは送料などがネックになって、なかなか通販で扱いにくいのですが、今回導入のプラットフォームでは小パーツは、私鉄の電車、数駅往復運賃程度で全国へ発送できるシステムですので、ぜひ覗いてみてください。当雑談室と連携できるプラットフォームがようやく見つかったというのが本当のところですが・・・。

 この後、電車など他ジャンルのものも順次登録して行きます。

ネットショップ⇒https://ms-sagami.raku-uru.jp/

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

シル・ヘッダーの取り付け

 改訂版マニ36、シル・ヘッダーの取り付けです。荷物車は側面に大きな開口部があるので、これらを真っ直ぐに取り付けるのは大変なわけですが、こんな方法で取り付けています。

361_20200121181501

 先ずヘッダーを切らずに所定の位置にテープで仮止めします。仮止めが出来たら、このようにハンダを点付けします。

362_20200121181701

 ドアの部分はそのまま跨らせておきます。

363_20200121182001

 点付けが出来て問題がなければ、ヘッダー全体に流します。熱をかけ過ぎると膨張して浮き上がって来るので注意します。

364_20200121182101

 隙間が残っていると塗った後に目立つので、コテを当てた反対側まで確実に回すようにします。

365_20200121182401

 全部流したら、両端部の余り部分と開口部のシルを切断します。もし膨らんで浮き上がった部分を発見した場合は、切断した後で修正するとやりやすいと思います。切断した切り口は、この後細ヤスリなどで仕上げます。

366_20200121182901

 取りあえず片側のシルとヘッダーをハンダ付けした状態です。ウインドシルも同様のやり方ですが、幅が広いのでハンダをヘッダーよりやや多めにして、隙間が出来ないように注意します。

 この方法ですとシル・ヘッダーともドア間ごとの傾きが起きにくいですし、作業の能率も大幅に向上します。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

臨時休業のお知らせ

 毎度お引き立ていただきまして有難うございます。

 1月25日(土)、26日(日)は所用のため臨時休業いたします。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

ネットショップからのお知らせ

引き続き商品登録を行っているネットショップですが、工房ひろの客車パーツの登録を行っています。

Hiro1

 例えば客車のキット、貫通路から丸見えの仕切が窓が抜かれているだけののっぺらぼうというのが一般的なわけですが、そのような一般のキットで無視されている部分を補ってくれるパーツがいろいろ出ています。

451

 戦後型のスハ43系でも、緩急車の片側は扉なしだったので、これらのパーツを使用することで列車の後ろ姿の印象を大幅に向上させることが出来ます。国鉄時代、主な駅の構内には決まって多数の客車が留置されていましたから、緩急車に限らず中間に入る形式でも仕切板などに気を配ると、駅の風景としても実感的になると思います。

 取りあえず手持ちの在庫を登録してから、よく使うものの補充を行いたいと思います。

ネットショップ⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

ネットショップにモデルシーダーのライト類の登録を始めました

 現在商品を順次登録中のネット支店ですが、以前からご紹介しているモデルシーダーのライト類の登録を始めました。

Cimg6720

 ヘッド・テールライト系です。非常に小さいチップLEDなので取り付け場所を選びません。回路がまとめられている基板も小さくまとまっています。コードを前後の台車に接続するだけで点灯します。これが結構明るい上にチラツキ防止回路が組み込まれているので、なかなか良い感じです。

Cimg6721

 こちらは室内灯関係です。特に大容量蓄電式のものは停車後(線路から降ろしても)1分程度は実用的な明るさで点灯しますし、走行中のチラツキも殆どありません。さらに白色のものは「昼白色」といってやや黄色みがかった蛍光灯らしい色合いで、他社品のように青っぽかったりしません。さらにメーカー談では消費電流抑制という理由なのですが、他社品のように明る過ぎず、極めて実感的です。

 小型商品ですので、全国330円均一運賃のネコポス発送が可能ですし、クレジットカード決済も出来ますので送金料も不要です。ネコポスは発送後、宅急便速度でポストにお届けするサービスです。

 モデルシーダーのヘッド・テールライトモジュールと蓄電式蛍光灯色室内灯を全車に取り付けた小田急2200形です。実車同様オールM化するなど、管理人のクセもありますが、踏切で目にする電車はこんな感じですよね・・・。完成品などにもリード線の配線だけで取り付けられますので是非ご検討ください。

 

ネット支店⇒  https://ms-sagami.raku-uru.jp/

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

地味に色入れと修正中

 DD13、地味に色入れと修正を行っています。

131_20200115222801

 塗乱れの修正が中心ですが、ナンバーが入る部分を実車に即して朱色にしました。ちょっとしたことなのですが、これだけでまたDD13のイメージにだいぶ近付きます。ウエザリングは、全体が一度仕上がった後に行います。

 DLはキットで出ている車種も少ないので、あまりやる機会がありませんが面倒くさいのは確かですね。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

色差しと修正に進みます

 その後のDD13、細部の色入れや修正に進みます。

131_20200114210101

 先ずは残っていた手すりに白を入れます。帯デカールははみ出した部分をカットしました。このあとは剥がれ防止に半艶クリアーのオーバーコートをかけます。あとはタッチアップでそれらしくしようと思います。最終的にはウエザリングを施して艶消しで仕上げるつもりですが。

 1つ目ヘッドライトにもレンズを入れました。一応このライトパーツ、裏側に穴があって点灯出来そうな構造なのですが、果たしてDD13でライトを点灯させる必要があるのか?という点でちょっと悩みます。ヤード線でケイディーカップラーの自動解放機能を生かして入換に使うつもりなのですが、それならば遠隔制御時に機関車が正常に走っていることを示すパイロットランプとして点灯させるという考え方もありかな、と思ったりするのですが・・・。

 何かと問題が出て来るのですが、段々とDD13らしくなって来ました。廃車した天賞堂の古いDD13よりは管理人が見ていた尾久客車区のDD13のイメージに近いかなと思います。キット工作は、そのような自己満足も提供してくれます。

| | コメント (2)

2020年1月12日 (日)

ちょっと面倒くさいですが効果抜群の座席パーツ

Cimg6627

 カツミから出ている「特急用シングルクロスシート」です。商品名的には大昔からありましたし、ご存じの方であれば6,7列が一体成型されているあれだな、と思われるはずです。

 現在発売されているものは、それと全く異なっています。

Cimg6623

 中身です。

Cimg6624

 座席本体は1列ずつの個別パーツです。背もたれの凹部に枕カバーのパーツをはめ込みます。

Cimg6625

 枕カバーのパーツです。1席ずつ取り付けます。

Cimg6626

 枕カバーが付いた座席をこの取付金具に接着しますが、金具の取付穴は長円形になっていて、シートピッチの設定が自在にできるようになっています。

 かなり面倒臭そうですが、取り付けて走らせてみると・・・。

 枕カバーがいかにも特急電車という雰囲気を盛り上げてくれます。最近は室内灯も良くなったのでなおさらですね。カツミ・エンドウ製以外のものにも取り付けられますので、ぜひお試しください。手間をかける価値はあると思います。こちらの商品、ネットショップに登録しましたので気になった方、宜しくお願いいたします。
ネットショップ⇒https://ms-sagami.raku-uru.jp/

 

| | コメント (2)

2020年1月11日 (土)

くろま屋 小田急インレタ

 以前にご紹介しました、くろま屋の小田急インレタ、ネットショップにも登録しておきました。

Cimg6577

 ネコポス対応商品ですので、全国330円均一でお届け、クレジットカード払いの場合は振込手数料も不要です。遠方のお客さま、ぜひこちらをご利用ください。

ネットショップ⇒https://ms-sagami.raku-uru.jp/

Cimg6581

 原型8000形以前の各車型に広く使えます。「OER」の文字が多めに入っていますので、完成品の添付インレタ、貼り付けに失敗した場合などにもご活用いただけます。

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

ネットショップに珍しい商品を追加しました!

 ネットショップにモデル8のコンプレッサーのパーツを追加しました。

Cimg6566 Cimg6564_15786488835551

Cimg6562_15786470162231 Cimg6561_15786463982211

 D2N、D3F、D3N、DH16といった私鉄電車に欠かせない各形式です。現状再入荷が見込めませんので、在庫品限りとお考え下さい。

 小型商品ですので、全国330円均一でお届けできるヤマトネコポス便で発送致します。またネットショップではクレジットカードがご利用いただけますので、振込手数料も不要になります。この機会にぜひお買い求めください。

ネットショップ⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

マークソフターが出て来たので続きです

131_20200108201601

 棚の裏からマークソフターが出て来たので続きをやります。マークソフターとはデカールを柔らかくして凹凸に馴染ませるためのもので、プラモデルフアンにはおなじみのものですが、鉄道模型の世界ではあまり使いませんね。

1301

反対側の白線も貼って、ラジエター部分をこのマークソフターで馴染ませます。デカールの上からマークソフターを塗って、少しおいてから綿棒で馴染ませるとこのように塗装したようにルーバーが浮き出して来ます。

132_20200108202001

 ここまでの状態です。ボンネット端部の仕上げは、完全に乾いた後クリアーコートを吹いて表面を保護した後に行います。

 この正月休みの間に、難物のDD13一気に進みました。管理人の手のリハビリの意味もあるので、時間をかけてじっくりやる必要があるのですが、どうにかDD13に見えるようになったと思います。

 出来たつもりになって、一杯呑みながら眺めて再び長期間の放置プレイになりそうなシチュエーションですが・・・。

| | コメント (0)

DD13白線を入れます

 DD13の白線、工作室に去年キハ54-500代で使ったラインデカールの残りがありましたのでこれを使ってみることにします。図面を測ってみるとドンピシャの寸法のものがありました。

P1080001

 マスキングもしずらい位置ですし、効果はありそうです。

P1080002

 取りあえず片側貼ってみました。マークソフターなどの資材を切らせているので仕上げはこれからです。白線が通る場所は、ラジエター部分を除いて平らなので特に問題はなさそうです。ラインがシャープになってなかなか良い感じです。

 だいぶDD13らしくなって来ました。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

アングルを取り付けますが・・・

 箱になった改訂版マニ36にアングルを取り付けます。

361_20200107181101

 生地完成車体ではアングルのハンダが点付けになっていたりしますが、お客さまが生地車体キットをいじっているうちに剥がれてきた事例があるので、ここはアングル全体にハンダを回してがっちり固定しておきます。床の着脱の時に案外力がかかるようです。

362_20200107181601

 車体が固くなったところで、前位側の仕切りを金切りバサミで切断して撤去します。前位側は車端まで荷物室でした。貫通扉の窓から山積みにされた荷物がのぞいていたりしました。もちろんこの後貫通扉が付くのですが、こちら側は窓に保護棒が付きます。

 車掌室側は、同様に既存の仕切りを撤去してから、ディテールのある仕切りを正規の位置に新設します。デッキドア取り付けの構造上、このようなややこしいことになっています。

363_20200107182301

 貫通路から、見えてはおかしい仕切りがなくなって荷物車らしくなりました。この後貫通扉を取り付けますが、プロトタイプを昭和42年以降に改造されたものを選定しているので、フジモデルからは出ていない小窓のものにします。

364_20200107182901

 ここまでの全体像です。内側の作業が中心だったので、見た目あまり進んだ感じがありません。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

その後のDD13

 塗装にかかったDD13、あの形状ですから作業手順は結構悩みますね。DLを作る機会はほとんどありませんし・・・。

131_20200106202301

 上回りはグレーを塗りました。間に入る白線、マスキングが微妙な位置なので、キハ54-500代で使ったデカールにしようかと考え中です。下回りは台枠部分の白を吹き付けで塗ってあります。

 何となくそれっぽくなって来て、出来たつもりになって手が止まってしまいそうなシチュエーションですが、月内に形にするのを目標にどんどん進めます。

 初めてのDLということで、色が付くともっとボロが出ると思ったのですが、それほどでもなくてほっとしています。その昔、尾久客車区で黙々と入換に励んでいた姿のイメージにしたいと思います。

| | コメント (0)

箱にします

 改訂版マニ36折妻Ⅲ、箱にします。使用する部品も改訂しますが、これまでの実績から作業手順も改訂します。

361_20200106192101

 先ず荷物扉が付いた車体に窓枠を取り付けます。荷物車は窓が少ないからラクだろうと思われますが、実際は逆です。座席車のように窓が連続していないので、窓枠も1か所ずつハンダ付けになりますし、大きさも何種類かあるので、仮止めの要領もそれぞれ違ってきます。

362_20200106192501

 取りあえず一通り付いた状態です。メーカーさんは、キットはパーツの包装が大変だといわれますが、こと荷物車では窓枠の種類と合わせて、バリエーションによってそれぞれの個数が違ってくるので、間違いのないように包装するのはさぞかし大変だと思います。プラパーツのようにランナーに一体で成形されているわけではありませんから。

363_20200106193001

 次に車端部のドアです。最近のフジモデルの客車キット、ドアの骨組みにディテールの付いたドアパーツを張り合わせる構造なので、ドアの様々なバリエーションを容易に再現できるようになっています。しかも直近のロットでは、これらのパーツが洋白製になって、細い桟などが変形しにくくなっています。さらに、フジモデルからもドアパーツの別売りがありますが、工房ひろからもこれに対応するドアパーツが多数発売されています。

364_20200106193701

 組み立てたドアパーツを仕切り板のスリットに差し込んで、先ずはセオリー通りに車体にハンダ付けします。折妻客車の車体構造のためです。が、荷物車の仕切りは座席車と違ってこの位置ではなく、しかも反対側は仕切りなしです。両側とも後でドア取り付け部を残して金切りバサミで切断し、車掌側は正規の位置に工房ひろのパーツを使って新設します。仕切りは、窓を透かしてちらっと見える時に案外目立つので。

365_20200106194401

 その後妻板をハンダ付けして、箱になりました。アングルを後回しにしたのは、折妻や丸屋根の場合、アングルが付いて車体が固くなると全体の修正がやりにくいことが判明したためです。

 以前店レイアウトに存在したものは鋼板屋根という設定でしたが、今回のものはキャンバス屋根として変化を持たせようと思います。このキットは、屋根布押さえが入っていないのに雨どいが木製2段のものだったりと、いささかどっちつかずの構成です。キットなので大した問題ではありませんが。荷物車はそのようなバリエーションが無数に存在し、個別の量数は少なかったので、荷物列車など同じ形状のものばかりで組成というのはまずありませんでした。この辺がプラ製品が一番苦手とする部分なので、散発的に出て来ても後が続かない事例が多いですね。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

ついに塗装開始

 かなり時間がかかっているDD13、ついに塗装開始です。複雑な形状の車体に3色塗ということで、マスキングに手こずるのは必至ですから、特別なことはせず、これまでのセオリー通りにします。

131_20200105193001

 取りあえず上回り、プライマーを吹いてからキャブ内を淡緑色に塗りましたが、外側の朱色部分にも軽く淡緑色を吹いて発色を良くしています。朱色や赤、黄色などは隠ぺい力が弱いので、地の上に直接吹くと黒ずんだ感じになりますし、グレーの上に吹いても同じような感じになってしまいます。今回は朱色がきちんと発色したようで成功です。次はグレーです。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

改訂版マニ36スタート

 お客さまの熱烈なご要望でお売りしてしまった店レイアウトのマニ36、戦後型オハ35改造車、補充車の製作開始です。改めて製作するので、照明関係を中心に最新仕様とした改訂版にするのですが、使用するキットも最新ロットなので、以前存在したものと比べて改良されたものになっています。

361_20200104200601

 目立つ改良点は、荷物扉です。鋼製荷物扉、以前のものは全体が一体プレス製でした。歪があって窓枠パーツのハンダ付けの時、位置合わせに難儀しました。最新ロットではこのような構成になっています。最近の座席車のデッキドアと同様の構成です。扉のバリエーションが作りやすくなるわけですが、この構成であればぜひ木造ドアもお願いしたいところです。木造ドアのディテールは、プレスよりもエッチングの方がシャープでそれらしくなりますから。

362_20200104201301 363_20200104201301

 荷物扉を組み立てます。このような構成になります。手動扉ですから、取っ手などもあるのですが、これは後程追加しようと思います。

364_20200104201601

 組み上がった荷物扉を車体にハンダ付けします。開口部が大きいので全周にハンダを回して強度を確保します。以前の一体プレスのものより位置合わせがしやすい感じです。

365

 次に、忘れないうちに室内灯取付金具をハンダ付けします。荷物車なので不要な気もしますが、普通列車では各駅で荷物の積み下ろしをしていましたから、室内灯つけっぱなしというのもありました。一応店レイアウトのデモ列車は普通列車の設定ですので。

 モデルシーダーの室内灯を使用するのですが、金具は手持ちのエンドウ製品です。シーダーの室内灯は基板の幅も細いですが、この金具に接着することで対応します。

366

 ここまでの姿です。やはり改良点の荷物扉周りがシャープになって、以前のものと比べて印象が良くなっています。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

マニ36折妻Ⅲ 改訂版を始めます

 以前店レイアウトに存在していた、戦後型オハ35改造のマニ36、新規に16番を始めたお客様に販売しましたので、それの補充としてもう1両製作します。折妻型のうち、デッキ部分の絞りがないタイプです。

362_20200103215601

361_20200103215601

 新規製作ですので、先日のオハ35同様、最新仕様のパーツでまとめようと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

引き続きDD13

 年末はクリスマスの後から大晦日の間に12月の新製品が一気に納品、今週は仕入先がバッチリ休み、ということで難物のDD13、腰を据えて進めます。ほぼ全体のまとめ段階に来ているのですが、手すりだらけのDLなので修正中に手すりを変形させたりで、手戻り作業が次々に発生します。

131_20200102223101

 残っていた小パーツを取り付けた状態です。この後、主に床周り部品の歪んでいる個所の修正です。

 かなりの難物でしたが、どうやらDD13になってきました。この後難関の塗装が控えているので、そろそろ手順の検討です。色は、管理人が尾久客車区や田端の操車場でよく見ていた所謂「新塗装」にします。朱色とグレーに白線の入ったものです。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »