« EF81-300改修完了 | トップページ | デキ1012久々の走行と新パワートラックの検討 »

2019年12月 2日 (月)

小田急トフを実感的に

 以前から店レイアウトに転がっているムサシノモデルの小田急トフ、小修整を行ってみました。

2_16_mus_odad_tofu1001

 これは広告写真の製品状態です。しっとりした木造車体の雰囲気が出ている良い製品だと思います。惜しいのが、車輪のタイヤ部分が銀色で、これが目立ってせっかくの雰囲気を台無しにしている点です。タイヤ側面を黒く塗ったらどうか、ということで早速試してみました。

Cimg6344

 タイヤ側面に筆塗りで、プライマーを塗り、その後艶消し黒を塗りました。たったこれだけで、印象が一気に変わりました。細部のちょっとした色差しがいかに重要かという例です。

Cimg6345

 小田急線の定期の貨物列車、最後は伊勢原~小田原間1往復だったと思いますが、昭和59年春の国鉄ダイヤ改正で小田原駅が貨物取り扱いから外れたことで、小田急の貨物列車も廃止になりました。伊勢原まで行く貨車はワムが月に何両かという程度でしたが、足柄駅から分岐した専売公社は毎日ワム数両はありました。伊勢原~足柄間はデキ+トフの2両という日も多かったですね。

 

|

« EF81-300改修完了 | トップページ | デキ1012久々の走行と新パワートラックの検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF81-300改修完了 | トップページ | デキ1012久々の走行と新パワートラックの検討 »