« 機関車用MPギヤの話 | トップページ | 今週の入荷品 »

2019年12月26日 (木)

スハ43 室内灯取り替え

 先日のMPギヤ走行状態紹介の動画で、スハ43の室内灯が異常に明るいのが気になったので取り替えてみました。

432

 前から3両目です。客車ということで1両単位で製作していますから、他にも問題があるものもあるのですが、取りあえず一番気になったこれの照明を取り換えました。

431

 蛍光灯証明という設定で、モデルシーダーの大容量蓄電式、昼白色のものを使用しました。スハ43では白熱灯が2列でしたが、蛍光灯になったときは元の灯具に小径のサークライン蛍光灯を取り付けていました。それほど明るかったというわけでもないので、これで十分でしょう。

 同じく前から3両目に連結して試運転です。この製品の「やや暗い」という点が活きてリアルな感じになります。他車と大体揃って、列車全体が落ち着いた感じになりました。トレーラー車で顕著になるチラツキがなくなるのも大きいですね。
 この製品は、↓でもお買い求めいただけます。
 正月休みに室内灯更新の軽工作はいかがでしょうか。

 

|

« 機関車用MPギヤの話 | トップページ | 今週の入荷品 »

コメント

山内 崇弘さま

 コメント有難うございます。1両目はモデルシーダーの蓄電式ではないタイプを使用しているのですが、明るすぎますね。蛍光灯色の他のものは、エンドウ等のものなので、光が青っぽいです。問題のあるものはいずれ全部蓄電式に取り換えるつもりです。

投稿: さがみ | 2019年12月26日 (木) 22時49分

こんばんは。
さすがシーダーライト!良い雰囲気に変わりましたね。
1両目の電球色がやたらと明るく感じたのは気のせいでしょうか?
内装色も多分に影響するみたいですね。

投稿: 山内 崇弘 | 2019年12月26日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機関車用MPギヤの話 | トップページ | 今週の入荷品 »