« マニ36補充 | トップページ | EF81-300 モーター載せ換え »

2019年10月30日 (水)

DD13再開!

 改訂版のマニ36、プロトタイプを絞り込ん行くと、どの仕様にするにも足りない部品があることが判明したので、必要なものを調達することとして、夏の間放置されていたDD13を再開します。車体の外形がおよそ出来て、次は手すりということでしたが、フロント部分も含めて自分で曲げることになって、暑い夏場はとても集中力が続かないのでパスしていました。

132_20191030194201

 先ずは尾灯を取り付けます。ホビーモデルの機関車、今のように各社から尾灯枠のパーツが出たりする遥か前から、尾灯はこだわった造りで、このDD13も、赤円板を撤去したタイプの特徴がよく表現されています。機関車の表情に影響する部分ですが、比較的近年まで、あまり気にされていませんでした。

131_20191030194701

 尾灯が付いたら一番面倒なフロントの手すりに進みます。真鍮線を図のような形に自分で曲げるのですが、先ずはキットに入っているこの原寸図をたくさんコピーします。今はパソコンで使うプリンターにもコピー機能が普通にあるので、少し前のようにコンビニまで行く必要がないのは助かります。次に、コピーした図面に材料をマスキングテープで固定して、図面の上で曲げていきます。こうすることで、割と複雑な形状のものでもそこそこのレベルで作れます。特にこの事例では左右で対になっているので、形を揃える必要があります。

 そして、使う線材はSLフアンの方のお話をヒントに真鍮線ではなく、弾力があって変形しにくい燐青銅線を使いました。

133_20191030195601

 取りあえず片側のフロント、外枠を取り付けてみました。未修正ですが、プライヤーなどで修正できそうなレベルになりました。このような作業はコツを掴むのに苦労しますが、サクサク出来るようになるとすぐ終了になります。

 枠だけでもフロントの手すりが付くと、俄かにDD13らしくなってやる気が出てきますね。何だかんだで「各自工夫のこと」の連続になりそうですが、部品を紛失したりするのもまずいので、しばらくこれに集中します。

 

 

|

« マニ36補充 | トップページ | EF81-300 モーター載せ換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニ36補充 | トップページ | EF81-300 モーター載せ換え »