« 粗削り中 | トップページ | 営業のお知らせ »

2019年7月26日 (金)

店レイアウト 駅照明の改修

Eki1_20190726231601

 部品の取り付けや古い機関車の修繕依頼が一段落したので、長期間放置されていた店レイアウトの駅照明の改修を再開します。ホームは古のエンドウ製ブリキ製品ですが、形状設計は悪くないので、主につや消しコートでスチール家具っぽいつやを消すと、雰囲気が良くなります。このホームは元々は管球による照明が付いていましたが、のちにエンドウ室内灯を利用した白色LEDにしたのですが、基盤の幅が広くて悪目立ちするので、再度モデルシーダーのものに取り換えました。試しに仕入れた蓄電式ではない昼白色のものが余っていたので、それを活用しました。やはり光の色合いの差が効果的です。また基盤の幅が狭いので、悪目立ちしにくくなりました。

Cimg5553

 駅本屋も古のエンドウブリキ製品で、同様の加工が施してあります。駅横に神奈中バスがいますが、大雄山駅のようなデザインなので、箱根登山か伊豆箱根バスでなければダメですね。

Cimg5548

Eki3_20190726232801

 駅舎の照明は、エンドウの旧タイプ、ユニットライト室内灯の白色LEDのものなので、光源が中央にあって均等に明るくないのが難点です。まあ、昭和テイストの駅舎なのでこれでも良さそうですが、まだ余っている蓄電式でないシーダーのものに取り換えたらどうなるか、というのも気になるところです。この駅の照明、店に来る学生クンに好評なので、この後もいろいろ研究してみます。

 

|

« 粗削り中 | トップページ | 営業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粗削り中 | トップページ | 営業のお知らせ »