« 車体外形の構築 | トップページ | 全体のキサゲ »

2019年6月27日 (木)

DD13 車体全体像現る

 引き続きDD13の車体です。全体の形をまず作って、キサゲをした後、小パーツを取り付けるという手順にしました。

 反対側のボンネットを取り付けた後、新しい動力システムに対応させるべくキャブ妻板の加工を行います。

131_20190627205601

 予め開けておいたドリル穴のところまで万能バサミで切込みを入れます。ミシン目状のドリル穴のところで折り取るわけです。車体が硬くなっているので不安感はありません。

132_20190627205801

 折り取った状態です。切り口が汚いですが、外から見えないからいいや、というのもありかもしれません。

133_20190627210001

 それよりも肝心なのは、モーターを取り付けた状態の床板に車体を被せた時に、車体がモーターに当たらないかということです。

134_20190627210101

 被せてみました。モーターは車体と当たらず、見事に成功です。長いけれど細身のモーターということで、のぞき込まない限りキャブの窓からも見えません。汚らしい切り口は、後でどうするか考えます。強烈な「魔改造」ですが、外観からは分からないですね!

 これでどうにかちゃんと走るDD13が出来るめどがついた格好です。この後キサゲを行って、小パーツの取付に進みます。

 

|

« 車体外形の構築 | トップページ | 全体のキサゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車体外形の構築 | トップページ | 全体のキサゲ »