« ステップの続き | トップページ | フジモデル生産案内 »

2019年6月12日 (水)

割り込みでボンネット

 床板を完成させたいところですが、掴み棒座金を植える穴をボーリングする必要があります。しかし、これに使う1mmのドリルを切らせてしまったので割り込みでボンネットを作ります。

131_4

 ボンネットの主要パーツです。他に手すりや側面の点検扉の取っ手を真鍮線で表現します。

132_4

 例によって手順は書いてありません。先ずは強度を出すために前面も本体もロストワックスのルーバーをハンダ付けします。次に前面と本体をハンダ付けして箱状にしました。最後にライトをまっすぐ前を向くように取り付けます。ここで接合部を整えてから、手すりや点検扉の取っ手を取り付けます。

133_3

 取りあえず主要な部品が付いて修正前の姿です。ロストワックスのルーバーやライトがなかなか良い感じですし、ナンバー取付け台座も凝った形状です。結構面倒なのですが、やりがいがあります。ライトは下面に穴が開けられているので、チップLEDで点灯できそうです。

 機関車は部品を紛失すると大変なことになるので、一度手を付けたら完成するまで他のものには手を出せませんね。

|

« ステップの続き | トップページ | フジモデル生産案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステップの続き | トップページ | フジモデル生産案内 »