« 文化祭の季節 | トップページ | 下回りに着手 »

2018年11月 6日 (火)

ランボードの取付

 キハ54の続きです。箱になった車体にランボードを取り付けます。205系などと同様の形状です。

5425

 ツメで取り付けるのではなく、所定の位置に仮止めの後、屋根の角穴からハンダを流し込む方式です。

541_2

 車端部の大きめの各穴も同様ですが、ここは多めに流し込んでランボード下の空洞を埋めて整形するようになっています。

542_2

 ランボードの位置合わせは、排気管取付穴に合わせるとやり易いかと思います。

543

 後回しにすると忘れそうな排気管も取り付けてしまいます。キサゲの邪魔にもならないので。

544

 ランボードが付いて、ここで全体のキサゲです。ランボード端部は実車の写真を参照して埋めた部分を整形しました。この後は小パーツの取付になるので、ここまでのハンダ付けが不備な部分も直しておきます。鋼製車のような継ぎ目の処理がないのでラクですね。完成品で売るのがメインの製品なので、組み立て易さについてもよく考えられています。

|

« 文化祭の季節 | トップページ | 下回りに着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文化祭の季節 | トップページ | 下回りに着手 »