« 標記を入れました | トップページ | エンドウの密着連結器 動力台車対応のその後 »

2018年10月24日 (水)

キハ54-500代を始めます

 店レイアウトでデモ用に使用している車両、過去モノが多く学生クンなどには馴染みにくい感じがありましたので、現在も走っている車両を探していました。ひょんなことからJR北海道のキハ54 500代を手に入れましたので、これを作ることにします。

541

 実車は分割民営化後に経営基盤が脆弱であると考えられたJR北海道への支援として、国鉄最終年度の1986年に29両が投入されました。ステンレス製の車体に新型のエンジンを2台搭載していましたが、台車は廃車発生品のDT22が使用されていました。座席は固定式のセミクロスシートでしたが、後にキハ183系から発生したリクライニングシートを集団見合い式に固定配置にしたり、快速「海峡」の50系客車から派生した転換シート(元は新幹線0系のもの)に交換されて、シート配置にバリエーションが生じています。台車も後にボルスタレス式のN-DT54に交換されています。主に道北や道東といった北海道の端っこの方で使用されているのは皆様ご存じのとおりです。

 16番の製品では割合以前からエンドウの完成品が出ていましたが、何故かキットはどこからも出ていませんでした。ここへ来てエンドウが販売店限定でキットを発売し、前後して大阪の亀屋からも発売されました。亀屋製品も関東では扱っている問屋が限られることもあって、目にする機会は殆どありません。

 今回入手することが出来たのはエンドウのもので、キハ183系の椅子を集団見合い式に配置したもの、台車は新しいN-DT54になったタイプです。

 エンドウのいわゆる「ハコモノ」は、かつては全ての車体ディテールが強引な一発プレスで、妻板や前面をハンダ付けすれば、あとはプラ製のベンチレーターを接着して出来上がりという感じでした。今でも「エンドウ=簡略製品」というイメージをお持ちの方も多いようですし、そのせいもあってか、昨今の完成品は高すぎるという声も良く耳にします。実際には21世紀に入る前後から、設計のコンセプトががらりと変わっていたのですが。

542

 このキットの部品構成です。エンドウやカツミの最近のキットに共通するのは、床下機器や座席、ライト類といったものまで含まれていて、あとは台車やモーター、ギヤボックスを用意すればOKということでしょうか。これだけの部品点数があるのですから、大昔のように完成品を7、8千円で売れというのは無理な相談だということが分かります。

 さて、今回の題材は「今でも走っている列車」ということなので、新しい台車のものですが、これはキットに含まれていました。

Dt54

 裏面に「DT64」の刻印がありますが、それに砂箱やブレーキシリンダーを追加してN-DT54としているのですが、実物写真と比べても違和感がありません。実物もそういう設計なのでしょう。ちなみにDT64は、653系用のもののようです。

 2個エンジン車ということで、店レイアウト既存のキハ58などと同様に両台車駆動とすることにして、MPギヤを組み込みました。先日の実車観察の個体がプレート車輪だったので、それに合わせた黒染めプレート車輪付きのものを使用しました。車輪が目立つので、ここは黒染めのものですね。

 久しぶりのステンレスカー、資材もいろいろ新しいものが出ているので、その辺も逐次取り入れながら進めて行こうと思います。

|

« 標記を入れました | トップページ | エンドウの密着連結器 動力台車対応のその後 »

コメント

yusaさま

 コメント有難うございます。エンドウの台車はDT64ベースですが、最近はJR東日本の支援も入っているようですし、台車の設計も支援を受けたのでしょうか。別付けのブレーキシリンダーと砂箱で見事にN-DT54になっています。車体については、軽量ステンレスカー、エンドウ標準の構成ですね。これまで完成品だけだったので謎めいた部分も多かったのですが、進行に合わせてご紹介していきたいと思います。

投稿: さがみ | 2018年10月29日 (月) 00時16分

私も亀屋さんの製品ですが、キット作り途中です。
私は亀屋さんのBLOGに倣い、カツミのTS1026を買いました。
亀屋さんのキットの説明書にはエンドウさんと同じくDT64を指定しているのですが、
近場には置いてなく、ブログにも書いてあるから大丈夫と思いTS1026の方に。
亀屋さんの方は一風変わった組み立て構成になっていますね。
エンドウさんの方も気になっていたのでレポート楽しみにしています。

投稿: yusa | 2018年10月27日 (土) 22時05分

山内 崇弘さま

 コメント有難うございます。国鉄最末期の車なので、車体は新造でも台車などは廃車発生品でした。懐具合の宜しくないJR北海道、まだ使うつもりで台車を取り換えたんでしょうけれど、今風のものになって車体とアンバランスな感じですね。乗り心地は良くなりましたが。

投稿: さがみ | 2018年10月26日 (金) 09時01分

こんばんは。
寄せ集めで出来たキハ54ですか…
なかなか面白い題材ですね。
それにしても私の所有車より年式が新しいだけあって、台車が全然違うと感じました。
これには黒塗り車輪を入れないと可笑しなことになってしまいますね。

投稿: 山内 崇弘 | 2018年10月25日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 標記を入れました | トップページ | エンドウの密着連結器 動力台車対応のその後 »