« モデルシーダー「大容量蓄電式室内灯」事例サンプルの続き | トップページ | 営業のお知らせ »

2018年7月10日 (火)

小田急ロマンスカーLSE営業終了

 1980年に登場した小田急ロマンスカー7000形LSE、本日をもって営業運転終了です。後続の10000形HI-SEがバリアフリー対応が難しく先に廃車になったりしたこともあって、特急車としては異例の長期使用になりました。

Ise12

 車体更新の時に10000形もどきの塗装になりましたが、その後期間限定で元の塗装に戻り、結局最後までこの塗装で走ることになりました。

 登場当時は、御殿場線直通のSE車置き換えも視野に入っていたようですが、国鉄末期の混乱の中で実現せず、それはJR化後に20000形とJR371系で実現することになります。

 この車は、連節車であるものの、床は平床、冷房も当初から屋根置きということで、NSEまでの低重心構造という思想は殆どなくなっていました。複々線も遅々として進展せず、新宿~小田原60分運転が絶望的な時代だったので、居住性の向上に力を入れた設計ということだったのでしょう。

 変わったところでは、東海道線に貸し出されてボギー車との走行比較試験を行ったこともありました。SE車のような最高速度記録を目指すわけではなく、最終的に連節車にすることで得られる顕著なメリットもないという結論になっていたかと思います。

 でも、小田急ロマンスカーと言えばやっぱりこのカラーリング、そして連節車、ですね。バリアフリーやホームドアのこともあって、誰が見ても「これは小田急ロマンスカー以外には見えない」という強烈な個性のあるものが出て来にくくなっているのは、いささか寂しい気もします。

|

« モデルシーダー「大容量蓄電式室内灯」事例サンプルの続き | トップページ | 営業のお知らせ »

コメント

yusaさま

 コメント有難うございます。10000形は、基本的に7000形と同じような性能でしたが、ハイデッカーになったことで新宿~小田原間60分運転の夢は完全にあきらめていた感がありました。ただ、「走る喫茶室」はまだやる気があったようで、「オーダーエントリーシステム」が導入されていましたね。
 最新のGSEでは展望席は設置されましたが、通勤輸送やホームドアの絡みもあってかボギー車で、小田急ロマンスカーならでは、という特徴がだんだんなくなって来ているように思います。新宿~小田原間60分運転の夢は「地味に」達成しましたが。大々的にPRしないのは何でなんでしょう?

投稿: さがみ | 2018年7月12日 (木) 12時49分

初めまして。
いつもブログ楽しみに拝見させて頂いております。
LSEは去年小田急線で乗る予定でしたが、寝坊して遅刻するという痛恨のミスをして乗りそびれてしまいました(^^;;
一応箱根道中や小田原駅で撮影はしましたが一度は乗ってみたかっただけに残念です。
個人的にロマンスカーといえばHiSEな世代なので長電で現役のうちに乗りに行ってみたいですね。

投稿: yusa | 2018年7月12日 (木) 11時41分

山内さま

 コメント有難うございます。海老名に展示するようです。先に廃車になった7003×11のうち、7003と7803が展示されるようです。このカラーリングは半世紀以上前からありますが、飽きの来ないデザインだと思います。

投稿: さがみ | 2018年7月11日 (水) 00時58分

こんばんは。
SE車やLSE車は学生時代によく利用しました。
38年も走っていたのですね。
デザインに古さを感じさせない良い車輛だと思います。
海老名にできる博物館に保存されるのでしょうか???

投稿: 山内 崇弘 | 2018年7月10日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モデルシーダー「大容量蓄電式室内灯」事例サンプルの続き | トップページ | 営業のお知らせ »