« フジモデル・コダマモデル生産案内 | トップページ | 客車の尾灯LED化実験 »

2018年5月18日 (金)

室内灯のテスト

 何かと問題の多い奄美屋のHE車、新宿方先頭車のライトもLED化してしまいます。

He1


He2

 明るく光るのはもちろんですが、HE車は先頭車が短いこともあって、車内の配線がかなり目障りでした。これで一連の小田急通勤車のライトは全てLED化されました。

 このクハ車では、新たにシーダー製の室内灯を試用してみました。

Mc1


 エンドウのものと比べて幅がかなり狭く、モニター屋根の中に取り付けて明かり窓が光るようにすることも可能だそうです。色は、電球色、白色、昼白色の3種類があります。今回は白色を使ってみましたが、青みが強いので昼白色の方が自然な蛍光灯の色になりそうな気がしました。でも、以前の小田急、こんな感じの寒々しい色合いの蛍光灯だった時代もありましたから、これは当面そのままにしておきます。他に、チラツキ防止回路が組み込まれているものもあるようですので、追ってテストしてみようと思います。

 また、この製品は「エンドウ室内灯」と違って、切断OKですから、HEのクハ車のように車長が短いものに使用する場合にも困りません。特徴を掴めば結構面白い使い方も出来そうです。

|

« フジモデル・コダマモデル生産案内 | トップページ | 客車の尾灯LED化実験 »

コメント

山内さま

 コメント有難うございます。こういったパーツ類も、近年著しく進化しています。真鍮製モデルの場合、比較的自由に換装出来るので、古いモデルにも取り入れたいところですね。

投稿: さがみ | 2018年5月18日 (金) 22時00分

こんばんは。
室内灯も魅力的ですね。
昔のカツミ・エンドウ製品(現状豆電球)を組み替えたいです。

投稿: 山内 崇弘 | 2018年5月18日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フジモデル・コダマモデル生産案内 | トップページ | 客車の尾灯LED化実験 »