« 雨樋の取付 | トップページ | 車体キサゲ作業と台車の組立 »

2017年11月24日 (金)

その後のED58

 修繕作業を行っていた古のカツミ自由形ED58、形になって走るようになりました。

582

 換装されていた缶モーターがなかなか良いもののようで、低速が利きますし、フライホイールがあるわけでもないのに惰行も利きます。ヘッドライト、配線の途中に無造作にダイオードがハンダ付けされていて短絡していたようでしたので、カツミの新ダイオード基盤で整理しておきました。旧製品より基盤外寸が小さくなったので、自由形ELの小さな床板にも収まりました。

583

 この手の作業を行った場合、何かとトラブルが発生するポイント通過もすんなりクリアーしました。

585

 「58」同士の並びで「復活記念撮影」です。元々自由形ボギー客車を3両程度牽引させる想定での設計でしたから片台車駆動ですし、重量バランスもいささか?なこともあって、留置線に押し込まれている旧型客車の牽引は叶いませんが、どうしたら牽引力を増やせるか、頭をひねっていろいろ弄るのも自由形の楽しみでした。この機関車が売られていた頃には、これに使われているインサイドギアやモーターは単品販売されていたので、2個モーター化は容易でした。床下ウエイトになっているのは、それを見越してのことだったのかもしれません。

 今は縦型モーターやインサイドギアは全て絶版になっていますが、これにMPギアを取り付けている方もいらっしゃいますね。実際にやってみると、全長が短いので、動力伝達系のまとめに頭を使うのですが。入門向けの機関車でしたが、こんな具合にいろいろ頭を使って楽しめるものでした。そうした作業を通じて模型の取り扱い方を覚えて行ったものです。半世紀前の機関車も、ここでまた復活することになりました。直せてしまうのです。

|

« 雨樋の取付 | トップページ | 車体キサゲ作業と台車の組立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨樋の取付 | トップページ | 車体キサゲ作業と台車の組立 »