« 今週の入荷品 | トップページ | 今週のお知らせ »

2017年10月 4日 (水)

遅い夏休み中です

 今週は遅い夏休みです。気長にやるように医者に言われている実践リハビリも兼ねて、遠出をしています。

 遠出をすると普段目にしない列車を見たり、それに乗ったりということも多いですね。模型を販売するにしても、実車あっての模型ですから、メーカーのカタログや発売情報だけでは不十分です。

 JRになって30年ということで、いよいよ国鉄型も先が見えてきた感があります。今月14日には、東日本管内だけのダイヤ改正もあります。JRのHPでは、常磐線の品川直通の増加が目玉のようで、他に高崎支社のページで107系全廃にふれられています。でも趣味的にもっと大きいのは、黒磯駅構内が完全に直流化されて地上切り替え方式が廃止になることでしょうか。

 高崎関連では、211系3000代の転用が着実に進んで、上越線、信越線、両毛線などの115系が激減しています。今回上越線に乗ったのですが、水上まで行く115系は1本だけになっているようです。

115

 いつの間に?という感じでした。その先、清水トンネルを越える区間の普通列車は1日5本ですが、全部E129系に置き換わっています。その先の新潟地区も、復刻70系色や第1次新潟色をやっていることからも分かるように、もう風前の灯、次のダイ改では確実に全滅しそうな雰囲気でした。

129

 1両の前半分がロングシート、後ろ半分がセミクロスシートという変わったレイアウトの車内です。クロスシートは東海道線のE233系あたりのものと同じですが、シートピッチが広いので、座った感じは悪くありません。全部ロングシートにならなかったのは良いですが、どうせなら1両全体を通常のセミクロスにしてくれれば良かったのに、という感じです。関西の225系などと比較すれば・・・なのは確かですが。

 こうしたことは、メーカーの新製品解説だけでは分かりませんね。この先もまだまだいろいろ見てきます。

|

« 今週の入荷品 | トップページ | 今週のお知らせ »

コメント

つのすけ さま

 コメント有難うございます。上越線の列車もずいぶん変わりました。181系「とき」や165系「佐渡」のイメージが強いですが、今はすっかり寂しくなりました。普通列車も、かつては上野から長岡行きの115系とかがあって、後ろにクモユ141とクモニ83が併桔されていました。
 かつては冬になると数多くのスキー客向けの臨時列車が運転されて大いに賑わったものですが、今はその面影すらなく、バブル時代に建設された越後湯沢のリゾートマンション群など、売りたくても売れないそうです。
 今の上越線、高崎~水上が211系3000代(ロングシート)、水上~長岡がE129系の2両または4両になっています。貨物列車はEH200ですね。

投稿: さがみ | 2017年10月 5日 (木) 07時46分

御無沙汰しておりました。いつも拝見しておりましたが、久しぶりにコメントします。
上越線のお話、懐かしく読ませていただきました。あの新潟の新しい電車の形式もわかりました。
先日テレビで見て、みたことのない電車だなと思っていて形式が不明で気になっていたところです。
上越国境越えの列車本数は今も昔もあまり変わらないようですね。昔より増えていると思っていましたが
むしろ減っているようですね。かつてEF16を撮影に行っていた40年くらい昔は115系ばかりで
上越国境越えの普通電車には上野からの直通もありました。
旅行の土産話楽しみにしております。当方の近況ですが、最近またブログを再開しました。

投稿: つのすけ | 2017年10月 5日 (木) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の入荷品 | トップページ | 今週のお知らせ »