« KATOレールに使えるアンカプラー再入荷しました | トップページ | 地味に床下の続き »

2017年9月17日 (日)

自由形EL

 今日は懐かしいものを手にしました。

101

 今から半世紀位前に売られていた、カツミの自由形EL、EB10です。「EB10」って、蓄電池機関車から改造された凸型機じゃなかった?と言われるとそれが正解なのですが、これは当時東海道線の貨物の主力だった、マンモスことEH10の短縮デフォルメなのです。当時、鉄道模型に入門して来る少年たちに向けて、このような「自由形」が多種発売されていました。

 HO(16番)が主流で、Nゲージがまだ始まったばかりの時代、鉄道好きの少年にとって、スケール物の機関車など、絶対に買ってもらえない中で、交通博物館のレイアウトと同じ規格のものを手にすることが現実になる、ほぼ唯一の接点だったと思います。

102

 外観的には、今の目で見るとプラレール以下にも見えますが、メカ的には極めて本格的です。それも、初心者の取扱に十分耐えるように頑丈な設計になっています。現代において、入門者の多いNゲージにこういう思想がないのはいささか問題だと思うのですが。壊れたら新しいのを買ってね、ということなのでしょうけれど、それでは入門者が育ちません。

 当時はスケールモノのELやECも車内に巨大なモーターがあるインサイドギア方式でしたが、この自由形B型ELでは、そのインサイドギア式の台車1つにボディーを被せたような構造でした。この方式の場合、走行しているうちに振動でモーターを取り付けているネジが緩んでウォーウギアが空回りし易かったのが難点でした。管理人も昔、そのような状態になると、購入したデパートへ持って行って直してもらったりしていましたが、その時に直し方の説明などをしてもらって、だんだん扱い方を覚えて行ったものです。

 ウォームギアのかみ合わせ具合は、感を掴まないといささか難しいのですが、昔須田町のカワイモデルのカタログで、ハンカチのような薄い布切れを1枚挟んで調整すると良い、ということが書いてあって、その通りにやると一発でベストコンディションになりました。その状態でのウォームギアとウォームホイールの遊び具合を覚えておくと布切れを挟まなくても一発で調整できるようになるのです。あの頃は、中学生くらいになれば、大体このくらいのことは覚えていたと思います。このEB10も同様の状態でしたが、さすがに速攻で調整完了となりました。

 鉄道模型入門の原点ともいえる自由形でしたが、その後安価なNゲージの普及もあって、すっかり影を潜めました。

661

 おそらく一連の自由形ELの最終形式と思われるEB66です。自由形ながら妙にリアリティーのあるデザインで、自由形の終焉を示唆していたようにも思えます。Nゲージが急速に普及し始めた時期とも一致します。それと同時に、入門して来る少年たちが、基本的な模型の取り扱い方を覚える機会も失われたというのは残念に思えてなりません。

|

« KATOレールに使えるアンカプラー再入荷しました | トップページ | 地味に床下の続き »

コメント

Mitsugu Fujimagariさま
 コメント有難うございます。おっしゃる通り、Nゲージはブラックボックスですね。しかも華奢なので、初心者が弄るとすぐに壊れます。ユーザーが動力部分を調整したりということは全く考慮されていませんから、動力部の部品の分売もほんの一部しかありません。壊れたら新しいのを買ってくれ、というスタンスなのですがこれでは新しいユーザーは育って行きませんね。現在進行中の奄美屋の小田急2200の更新も30年くらい前のものですが、自由形ELのメンテナンスの思想とつながっているものがあります。

投稿: さがみ | 2017年9月19日 (火) 20時54分

懐かしい投稿に久し振りで50年前に叔父が16番ゲージペーパー製115系3Bを週末コツコツ作っていたのを思い出しました。私はまだ十分な知識もないままにその115系を小4で受け継ぎました。その115系がボロボロになるまで楽しみました。カツミのEBELシリーズは雑誌でしか見ませんでしたが、その後鉄道模型のイロハも分かる様になり、高1の夏休みのバイト代を持って神田須田町のカワイモデルで真鍮製車両を見たときは感動しました。でも値段的に高くカワイ製ED14型電気を購入しました。しかし、Nゲージだとバラしたりが難しく修理なども自分では不可能な部分もあり16番の真鍮製の方がバラシたり組直したりでき、そこから知識・技術も学べスキルupも可能だと今でも信じています。たまにはこう言う懐かしい素材の投稿を楽しみにしております。藤曲。

投稿: Mitsugu Fujimagari | 2017年9月19日 (火) 19時52分

genta-nozz さま
 コメント有難うございます。みなさんこのあたりの自由形が原点ですね。自由形で基本的な扱い方を覚えたからこそ、何十年も続けられているのだと思います。
 しかも、これらの機関車、半世紀も前のものなのに完璧に走ります。

投稿: さがみ | 2017年9月19日 (火) 13時50分

懐かしいですね。
私はED100とボギー客車2両が含まれた入門セットを買ってもらったのがこの道に入るきっかけでした。
あれから数十年。よくも飽きもせず続けているなと自分でも感心します。

投稿: genta-nozz | 2017年9月19日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATOレールに使えるアンカプラー再入荷しました | トップページ | 地味に床下の続き »