« M2車の続き | トップページ | 連結面間隔の調整 »

2017年6月 7日 (水)

床板周りの続き

 関東は梅雨入りのようですが、何とか降らなかったので床板の塗装を行いました。これで大面積の塗装は終わり、あとは雨降りでも出来る作業が続きます。

He1

He2

 床板は下面を黒、室内側は床敷物っぽい色で塗装します。室内灯が白色LEDで結構明るいですから、これは結構効果的です。先日開けておいたモーター穴にモーターを取り付けます。リード線、①端子に接続したものにテープを巻いて配線を接続する時の目印にしておきます。配線を間違えるとM1車と引っ張りっこになって走らない!ということになります。

He3

 台車を履かせて車体を被せてみます。センタースペーサーは、φ11.5のMPギヤということで、付属の通常より0.5mm薄いものを使用していますが、今後はこのパーツが付属しませんので、今後は標準のアングル車体裾から3mmにした場合は、付随台車マクラバリ2に入っているものを0.5mm薄くして使用することになります。

He4

 先に概ね形になっているTc2と並べてみます。高さも問題なさそうです。

 あとは吹込みの修整と細部の色差、内装と照明の取付、パンタの取付などですが、他に難問の床下機器の取付が残っています。

|

« M2車の続き | トップページ | 連結面間隔の調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M2車の続き | トップページ | 連結面間隔の調整 »