« 基本的な走行の調整 | トップページ | 内装の取り付け »

2017年6月17日 (土)

HE車まとめの続き

 HE車、M2車と併せて総まとめの続きです。

He0

 引き続き走行調整を行います。短絡の原因は結構調べて潰したつもりでしたが、まだ微細な短絡が発生していたのでさらに調べましたが、ロスト台車では宿命的な歪みに起因しているものもあったようなので、最後は大胆にプライヤーで捻るなどして、ほぼ完全な走りを得ることが出来たようです。ロスト台車では付いて回る苦労ですが・・・。

He1

 並行して内装作業です。旧フクシマ製を引き継いだIMONのロングシートを使います。袖板は類似形状のものを接着します。細かく塗り分けて取り付けると、照明を入れた時の効果が絶大です。

He2

 M2の動力部分もウエイトを取り付けて、正式な完成状態にします。外観を意識して、小さめのMPウエイトFですが、車内のロングシートがソフトメタル製なので、重量をカバーしてくれます。さすがに、この手の動力化改造は、気動車で何両もやっているので、この部分でのトラブルは皆無でした。

 M2車の座席と照明の取り付け、小田原方2両のナンバーリングなどが残る作業です。

|

« 基本的な走行の調整 | トップページ | 内装の取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基本的な走行の調整 | トップページ | 内装の取り付け »