« 内装の取り付け | トップページ | ケガキ »

2017年6月19日 (月)

4年ぶりにテム300再開ですが・・・

 取りあえず小田急HE車が完成寸前になったので、4年ほど前に手を付けて途中で放置されていたテム300を再開しようと思ったのですが、箱に入れてどこかへしまい込んで行方不明です。貨物列車の編成にアクセントをつけられる車種なので是非欲しいところなのですが。仕方ないので、もう一度最初からやり直します。完成直前になって、前のものがどこかから出て来て、というオチになりそうですが、まあ2両あっても良いし、ということで始めます。このカテゴリーの記事では側の補強梁を付けるところまで進んでいたはずです。事実上2両目なので、以前の経験から組立手順も説明書通りとはせず、組みやすいと思われる順序で進行します。

T0

 説明書では、最初に補強梁の取り付け位置をケガくことになっていますが、この状態の車体は極めて変形しやすいので、ケガキは箱にしてからの方が良さそうです。従って、早速順番を無視して箱にします。

T1

 最初に、妻板に床止め板をハンダ付けします。このパーツ、箱にした後では、直角になるように取り付けるのが案外難しいので、最初に取り付けます。妻面の補強梁は、取り付け位置のケガキだけやっておきます。梁を付けてしまうと、基本の箱としてのヤスリ仕上げなどがやりにくくなります。手すりや解放テコももちろん後回しです。

T2

 箱にします。屋根のRと妻板がそのままでは合いにくいので案外苦労します。側面に大きな開口部がありますから、車体本体を変形させないように注意する必要があります。

 この状態で、側面の補強梁のケガキをやればやり易いだろうというのが管理人の見立てなのですが、果たして・・・。

|

« 内装の取り付け | トップページ | ケガキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内装の取り付け | トップページ | ケガキ »