« ディテールの追加 | トップページ | M2車、下回りへ進みます »

2017年5月30日 (火)

M2車屋上の続き

 キットではまるで無視されている屋上配管の続きです。基本的にはM1車と同様の作業ですが、M2車の場合配管が付く妻板、両側に窓がある点がM1車との違いです。もちろん、これもキットでは無視されていたので、改造して窓を埋め込んだわけですが。

He1_2


 前回開けた穴に配管支えを取り付けます。

He3

 割りピンでなくこんなパーツを使用しています。左手がようやくこのような余計な工作に対応できるようになりかかっているという状態なので、要領よくすっきりまとめ易いパーツをチョイスします。本当は割りピンを使った方がカッコイイのですが・・・。

He2_2

 配管支えを植え終わったら、その上に載せる形で真鍮線を取りまわして配管の表現を行います。ヒューズに出入りする部分はヒューズ箱と一緒に取り付けます。

 脳卒中をやって手が麻痺してしまうと、特に細い真鍮線を扱う作業が困難になりますが、だいぶ感覚が戻ってきているようで、それらしく見えるレベルにはまとめられるようになったかな、という感じです。何もないよりは良いと思います。

|

« ディテールの追加 | トップページ | M2車、下回りへ進みます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディテールの追加 | トップページ | M2車、下回りへ進みます »