« 2両目のクハ、ハンダ付けの続き | トップページ | 2両目のクハ、床板の改造 »

2017年4月18日 (火)

ライト点灯対応改造

 引き続き2両目のクハのハンダ付けを進めます。今日は1両目と同様に前照灯の点灯対応改造です。

He2

 小田急のこの手の前照灯は基本的に片側点灯で、減光時のみ両側が点灯します。全光時の片側点灯を表現すべく、電球ケースを片側にだけ取り付けるのですが、元々点灯を全く意識していない構造だけに、思いの外難儀します。1両目の経験から、「豚の鼻の孔」の裏側に電球ケースをハンダ付けしてから前照灯ケースに組み込みましたが、オデコ部分の開口部の調整などでなかなか一筋縄では行きません。

He1

 仕上げがまだですが、取りあえず組み込んだ状態です。1両目では、この後電球の遮光などにも難儀しました。

 極めて原始的な構造ですが、勝手に点灯ギミックを追加しようということなので、予期しないところで手こずっています。

|

« 2両目のクハ、ハンダ付けの続き | トップページ | 2両目のクハ、床板の改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2両目のクハ、ハンダ付けの続き | トップページ | 2両目のクハ、床板の改造 »