« 忘れがちな部品の取付 | トップページ | ざっと塗りました »

2017年4月25日 (火)

残りを取り付けて塗装開始

 2両目のクハ、残りの手すり類を取り付けて塗装開始です。

He2

 連結面の幌は、これまで同様キットのしょぼいプレス製パーツでなく、エコーのものを使います。#1668の私鉄用広幅Bが小田急対応ということになっています。接着面積が小さいので、常温ハンダでハンダ付けしてありますが、溶かすリスクが大きいので、この手法はあまりお勧めしません。

He1

 前頭部周りの小手すりや足掛けを取り付けましたが、外板修繕後の設定ですので、両側のクハとも3連ジャンパー連結器は取り付けません。

 天気が良いので、その後1色目のアイボリーまで塗装を進めました。車内はもちろん淡緑色に塗って、照明を入れた時の効果が出るようにしてあります。

 包装形態から行って、部品を紛失する危険が大きいので、早く4両目のハンダ付けに行きたいところですが、編成モノということで統一した仕上がりにしなければならないので、深呼吸して作業をします。

 だいぶ気温が上がるようになってきましたが、管理人が大学生の頃は、湯本急行は登山線風祭駅の関係でこのHE車の独壇場でした。非冷房で暑いし、中型4両ということで激混み、しかも空転・滑走が頻発して車輪はフラットだらけ、走ればガタガタ煩くて最悪の電車でした。アンバランスな外観と適度な長さで、模型のネタとしては結構面白いのですが。

|

« 忘れがちな部品の取付 | トップページ | ざっと塗りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れがちな部品の取付 | トップページ | ざっと塗りました »