« ライト点灯対応改造 | トップページ | 今週の入荷品 »

2017年4月19日 (水)

2両目のクハ、床板の改造

 2両目のクハも床板を加工してライトの点滅スイッチを取り付けます。HE車の時代は複数編成を連結する場合、、今のように小田原方が6両、新宿方が4両と決まっていたわけではなく、小田原方がHE車4両、新宿方が大型車6両とか、HE車×2の8連など、様々な組み方をしていました。しかもこの時代は、日中は前照灯を消灯していましたから、ライトスイッチは両側の先頭車とも必須ということになります。

He1

 1両目と同様、連結側車端部に穴をくり抜いて設置しました。連結面側の連結器取付部はキットのスペーサーを使用せずカツミのエースカプラー2を直付けするために、クズ板で床板の穴を埋めて2mmのネジ穴を開けています。

He2

 能率を上げるために、床板を既に塗装しましたから、前頭部の連結器なども取り付けて、細部の色差を行いました。室内の床面は、照明効果を考えて、それらしい色にしておきます。

He3

 車体は昨日までの状態のままですが、被せてみるとこんな感じです。

|

« ライト点灯対応改造 | トップページ | 今週の入荷品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライト点灯対応改造 | トップページ | 今週の入荷品 »