« まだまだ手直し | トップページ | 引っ張り出して来たついでに »

2017年2月24日 (金)

サボ作り直し

 大雄山線90周年企画で、このような電車が走っています。

Id11

 5000系の第1編成を旧型車のカラーにしたものです。正面には当時のサボを模したヘッドマークが付いています。

Id12

 この復刻版のサボ、元赤電の「ピカチュウ」ことコデ165と並んでいるのを見ると、縦横の比率など、当時のものとあまり変わらない感じです。

 そこで、良いことを思いつきました。これを真正面から撮った写真を複合プリンターを使って、フィルムラベルに模型のサイズで印刷して活用するのです。従来のものは古い写真から取り込んだものでしたので、不鮮明な感じでした。

Id3

 新たに作ったものは、文字も鮮明になって、成功です。

Id1

 今回レプリカで5000系に付いているものは前後で「小田原」と「大雄山」の文字が逆になっていますが、これは旧型車が現役の時も同様に2種類ありました。古い写真を見ると、それぞれがどちら側に着くといった法則性はなかったようです。文字ももっと手書きテイスト溢れるものでした。

  このサボ、だいぶ前にどこからかシールで出ていました。

Id2

 メーカーは忘れましたが、これです。手書き風の文字は良いのですが、ベースの黄色が網点表現、上質タックにプリンターで印刷したものでした。マイナーなものですから、出た当時は非常に有り難く感じたものです。今はメーカーに頼ることなく、簡単に作れるようになりました。

|

« まだまだ手直し | トップページ | 引っ張り出して来たついでに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ手直し | トップページ | 引っ張り出して来たついでに »