« 車高の確認 | トップページ | サボ作り直し »

2017年2月23日 (木)

まだまだ手直し

 阪神大震災より前に手を着けたモリヤの103系、ひとまず完成にはたどり着いていましたが、製作期間が10年以上に亘ったこともあって、出来栄えにばらつきが見られました。103系にチャレンジしているブラスモデル初心者の方もいらっしゃいますので、トラブルシューティング的な感じで気になった点を潰してみました。

 1031

1032

 片方のクハ車の、アングル取り付けの不正確さから来ていた車高の調整、センターピンの締め付け具合から来ていた、動力車のノイズの解消を行いました。

 不快なノイズが消えましたし、編成全体の外観もきれいになりました。この手の電車ネタでは、重要な部分ですが、見落とされがちでもあります。同じく制御車と電動車では車輪径が異なる、現在製作中の小田急HE車では、この103系での経験が反映されます。

|

« 車高の確認 | トップページ | サボ作り直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車高の確認 | トップページ | サボ作り直し »