« Nゲージのコンテナ貨車を実感的に! | トップページ | 動力部分の組立 »

2017年2月13日 (月)

上回り後付け部品の取付

 デハ2400奇数車の続きです。内装に進みます。

He1

 窓のサッシやガラスを取り付けてから室内灯を取り付けます。この後座席も取り付けるのですが、順番を誤ると手詰まりになります。

He2

 サッシが付くと雰囲気が出て来ます。

 座席はIMONから再販された旧フクシマのソフトメタルのものを使います。

He4

He3_2

 一番長いものをドア間の長さに合わせてカットして使います。ソフトメタル製ということで重量がありますから、ウエイトの足しにもなります。

He5_2

 袖板部品を取り付けて、細かく塗り分けます。最近の室内灯は実感的な色で結構明るく光りますから、これは結構効果的なはずです。

He1_2

He2_2

 座席を取り付けて点灯試験です。およそ狙い通りの効果を得ることが出来たようです。




|

« Nゲージのコンテナ貨車を実感的に! | トップページ | 動力部分の組立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージのコンテナ貨車を実感的に! | トップページ | 動力部分の組立 »