« 上回り後付け部品の取付 | トップページ | 取りあえず形に »

2017年2月14日 (火)

動力部分の組立

 大体塗装が出来たデハ2400奇数車、動力の組立です。コアレスモーターを使用して、2M2Tの編成にします。

He1

 キットではLN14を使用する設定ですが、これは絶版ですのでLN15を使用します。台車中心間が20m車の1800形と同じということで寸法的に余裕がありますから、変に捻らずに、定番のユニバーサルジョイント駆動とします。

He2

 前後方向は良いのですがこの電車、車幅が狭いのでウエイトの取付に難儀します。現物合わせで削って押し込みました。座席がソフトメタル製でウエイト代わりにもなっていますが、ジョイントの抜け止めとしての意味もあるので、ウエイトは省略したくないところです。床下機器が小ぶりの奇数車では、モーターの樹脂部分が目立つので、後で黒く塗りつぶしておきます。

He3

 動力部分が目立ちにくいような部品選択にしているので、外観的には昨日とあまり変わっていません。

 作業台の上での走行試験はしたので、後はパンタグラフを載せて連結器を取り付け、側灯のレンズを入れれば、取りあえず完成します。

|

« 上回り後付け部品の取付 | トップページ | 取りあえず形に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上回り後付け部品の取付 | トップページ | 取りあえず形に »