« 差し替え用部品集め | トップページ | ドアの検討をしながら箱組み »

2017年1月16日 (月)

妻板の修整

 取りあえず動力台車が出来たので、中間車から先に始めます。

He1

 4両分の妻板が1まとめに袋詰めされています。

 このうち中間車のデハ2400、新宿方の奇数車、新宿方海側(新宿駅で小田原方面を向いて左側)の妻板には配電盤が設置されているので、窓がありません。キットでは見事に無視されています。

He2

 不要な真鍮板を窓の寸法に切り抜き、落とし込んでハンダ付けして、窓を潰しておきます。外側の配電盤の出っ張りは、大したディテールもないので、車体を箱にした後、適当な方法を考えます。

 昔のタニカワブランドのものでは、窓枠の形に抜いてある内妻板を貼り合わせる構造でしたが、今回のものは洋白のサッシを塗装後に接着する一般的な構成になっています。


|

« 差し替え用部品集め | トップページ | ドアの検討をしながら箱組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 差し替え用部品集め | トップページ | ドアの検討をしながら箱組み »