« その後の「味タム」 | トップページ | 取りあえず「味タム」に »

2017年1月18日 (水)

床下機器の試作

 車体が箱になったデハ奇数車、床下機器の試作です。一応このキットは「床下機器付き」となっているのですが、内容は、特にデハ車の場合、殆ど滅茶苦茶です。取りあえず手元にある資料写真を基に、ストックしてあるパーツを使用して、それらしく並べてみることにします。

He1

 取りあえず奇数車の山側です。比較的問題の少ない側ですが、それでもレール方向に付くべき2室空気ダメが枕木方向だったりと、問題が結構あります。ずばりのパーツもないので、全然出鱈目なのよりはいいでしょ、というレベルですが。

He2

 キットの取付板は、ウエイトと干渉しそうなので使用せず、エンドウの後から出た幅広のものを使います。奥行きのあるCPなどがウエイトと干渉しそうですが、その場合、後で現物合わせで当該箇所を削ります。車体幅が狭いので、この辺りかなりシビアです。

 床下機器はこのようにユニット式になっていますから、後でもっと適切なパーツが出てきた場合の改修は容易です。

He3


 今回使用の取付板です。以前キハ58の作例で使用したものと同じです。幅があるので、床下機器の取付に多少の自由度があり使いやすいと思います。今回は19m車ということで、長手方向を若干切断して使用しています。

 床下機器は軽く見られがちで、少し前までは、入っていれば上等、後日発売と予告されていても結局出なかったというのは多いですね。私鉄の初期高性能車の場合、各社独自の思想で設計されているものが多く、床下機器にもそれぞれの性格が表れていましたから、誤魔化さずにきちんとしたものを入れておいて欲しいものです。

|

« その後の「味タム」 | トップページ | 取りあえず「味タム」に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の「味タム」 | トップページ | 取りあえず「味タム」に »