« まずは台車から | トップページ | SE車手直しその後 »

2017年1月11日 (水)

1両分の台車完成

 電動車用のFS330の続きです。塗装して、MPギアを組み込んで1両分を完成させてみました。

Fs1

Fs3

 こんな感じです。2200形と同様のアルストーム式、枕バネはコイルですが、両締めブレーキ、ボルスターアンカー付き、車輪もφ11.5ということで、だいぶ印象が違います。2200形のFS203の流用ではムリがあり過ぎです。

 台車がだいぶ良い感じなので、床下機器もこんなものを見つけてきました。

He1


 モデルワムの長電新OSカー用のものです。全部ロスト製なので高額ですが、何といっても小田原方のデハ車に付く抵抗器、ズバリの形状のものが入っています。これを糸鋸で切断してHE車の並びにしようというわけです。主制御器も三菱製ということで、キットの東洋電機風のものよりは雰囲気があるようです。その他、エアータンクやスイッチ箱類も使えそうなものが多いので、それほど無駄が出そうな感じではありません。

 この部品はまだメーカーにあるようなので、取り寄せも可能です。三菱型の抵抗器、大きいものと小さいものが混在していますので、細工することで昔タニカワから出ていた小田急2600形あたりにも使えそうです。

|

« まずは台車から | トップページ | SE車手直しその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずは台車から | トップページ | SE車手直しその後 »