« このようなものも入荷しました! | トップページ | 高さの調整 »

2016年10月 3日 (月)

モーター取付位置の設定

 駅構内やヤードを行ったり来たりする機関車ということで、動力システムも前後対称の方が良いだろうということで進めているDD13の改造、モーターの取り付け位置の設定です。

 廃車予定の天賞堂改造のDD13からモーター周りを転用します。

131

 片持ち式なので不安定に見えますが、天賞堂オリジナルと、エンドウのLN14用モーターホルダーを合成したものですので、かなり強固です。天賞堂の改造DD13では、好結果でしたからそのまま使います。新規製作の機関車なので、モーターは出来るだけ中央に来るよう配慮しました。

 モーター軸とギアボックス軸の段差をなるべく小さくしようという発想です。天賞堂のものとは設計が異なる部分があるので、段差の程度も変わってくると思いますが、双方の連結はシリコーンチューブにしますので、これの柔軟性が吸収してくれるかと思います。

132

 仮にボンネット部品を被せてみるとちょうど良いみたいです。モーター本体も発生品のLN14です。大して走っていないので、再用ですが、LN15にすると走りがどう変わるのか、というのも気になります。

|

« このようなものも入荷しました! | トップページ | 高さの調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このようなものも入荷しました! | トップページ | 高さの調整 »