« その後のプラットホーム | トップページ | 引き続き床板加工の続き »

2016年9月26日 (月)

床板の改造

 引き続きホビーのDD13、MPギア対応にするための改造です。

131

 片側の台車にモーターを載せて、この台車から床下伝動でもう一方の台車を駆動する設計ですから、床の開口部は片側だけでした。既存の天賞堂製改造DD13を参照しながら床板をくり抜きました。小さい方がそれになります。

132

 大きい方の開口部が既存のものですが、ここにマクラバリを渡して台車を取り付ける構造です。このまま両側ともMP化すると前後で高さが違ってしまいそうなので、センターピン部分をワッシャーなどで調整するのか、あるいは既存の開口部を半分程度埋めて新設側と同じような形態にするのか、どちらが良いかまた悩んでみます。

 このDD13、設計通り組んだお客さまがいらして、実際に走らせてみましたが、確かに走行音も小さく、ギア比が大きいこともあって、低速性能も素晴らしかったのですが、やはり軽いことと前後非対称の構造ということを気にされているようで、実際の入換運転ではどうなんだろう?という話になりました。完成した時点でいろいろ比較実験をやりたいところです。

133

 開口部を新設した側のセンターピン穴は、通常であればエンドウの「付随台車マクラバリ2」に入っている真鍮ワッシャーをハンダ付けしておしまいですが、既存開口部側のセンターピン処理が未確定なので、今日のところは保留です。

|

« その後のプラットホーム | トップページ | 引き続き床板加工の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後のプラットホーム | トップページ | 引き続き床板加工の続き »