« その後の「お試し」ホキ2200 | トップページ | 床板基本組みの続き »

2016年9月20日 (火)

機関車本体に取り掛かります

 取りあえず台車が形になったので、機関車本体に取り掛かります。キットの動力システムを大幅にいじるということで始めていますから、本体もまずは下回りからです。

131

 ディテールは後回しにして、まずは床板の基本部分のハンダ付けを行います。片側の台車にモーターが載り、もう一方の台車へは、床下で伝動する構造ですから、床の開口部は片側だけです。これを一般的な前後対称の動力システムにするので、反対側にも開口部を設ける必要があります。

132

 何故か床板上面に貼る網目板の部品は前後対称の構造を意識しているような形態です。この部品を参考に、開口部の設定を考えようと思います。

|

« その後の「お試し」ホキ2200 | トップページ | 床板基本組みの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の「お試し」ホキ2200 | トップページ | 床板基本組みの続き »