« 台車枠の加工 | トップページ | 今週の入荷品 »

2016年8月31日 (水)

引き続き台車の改造

 ホビーのDD13、DT105台車MP化改造の続きです。裏面を加工した台車枠にボルスターを取り付けるのですが、これがまた一筋縄では行きません。台車枠の厚みが、天賞堂のドロップのものとあまり変わらないので、天賞堂のものをMP化した時の構造を踏襲することにしました。

1051

 肉厚が薄いので、通常の16番用ボルスターでは車輪が抜けてしまうので、フクシマの13mm用ボルスターを使用します。でも、そのままでは今度は狭すぎて車輪が入りません。ボルスター取付部分に厚みのある真鍮板をハンダ付けして調整しますが、ここまで来ると後は泥縄式の現物合わせです。スペーサーの真鍮板をハンダ付けし直すのも面倒なので、ヤスリで削って幅を出します。この手を使う場合、予めやや広すぎるくらいにしておくのがポイントで、狭すぎるものを広げようとすると、スペーサーをハンダ付けし直したりする必要が出てきます。なおボルスター取付ネジは、この場合段付ネジを使用しますが、最近は殆ど見ません。今回はカワイモデルの台車のものを使用しています。

 元々ヘンな構造の動力ですが、台車のディテールは良いので、それを活かしたいのがこの改造の目的です。以前モデルワムが、トラムウエイのDD13用にロストのDT105を出すとか言っていたような気がしますが、どこかへ行ってしまったようなので、これを使うしかありません。

 まだ調整しきれていませんが、予備品がないので慎重に進めなければならないので、今日はここまでにしておきます。

|

« 台車枠の加工 | トップページ | 今週の入荷品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台車枠の加工 | トップページ | 今週の入荷品 »