« ウインドヘッダーの取付 | トップページ | エンドウ新旧白色室内灯の比較 »

2016年3月30日 (水)

続いてウインドシルの取付

  前回に続いて、今日はウインドシルの取付です。

151

  取付の要領はヘッダーと同じですが、幅が広いのでハンダが反対側まで完全にしみ込むように注意します。きちんと回っていないと塗装したときに穴が開いているように見えて非常に見苦しくなります。

152

  キットの説明書では全くふれられていない妻面も、ネットで拾った実車写真を参考に、シル・ヘッダーを取り付けておきます。

  まだハンダ付けしただけで見苦しいですが、雨樋を取り付ける前にここでキサゲを行います。雨樋を取り付けてからですと、特にヘッダーのキサゲがやりにくくなります。

153

   顔は10系なのに、側面は客車や80系風、ドアだけは気動車という、この車ならではのゲテモノ感が出て来ました。

|

« ウインドヘッダーの取付 | トップページ | エンドウ新旧白色室内灯の比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウインドヘッダーの取付 | トップページ | エンドウ新旧白色室内灯の比較 »