« フジモデルなど今月の生産品 | トップページ | LN12 3種混結試運転 »

2015年11月 6日 (金)

早速LN12のテスト

 気になっていたモデルスIMON扱いのLN12が届いたので、早速管理人がモルモットになって、販促用に1両換装してみました。換装するのは、店レイアウトの2両の10系気動車のうち、古い方のキハ17です。

121

 パッケージから取り出して、既設モーターの上に乗せてみます。この状態では、いくらか細いな、というくらいの印象です。

122

 先ずは、本体を黑く塗り潰しますが、IMON仕様のものは、端子側の樹脂部分が黒成形なので、この部分をマスキングします。プライマーを吹いてから黒を吹きます。

123

 塗り潰せたら、端子にリード線をハンダ付けします。

124

 塗装が乾いたら床板に取り付けます。元々LN14を使用していたので、床板にはモーター穴のくり抜きがあります。径が小さくなった分、床上への出っ張りもだいぶ小さくなった印象です。

125

 モーターホルダーは、専用のもの2種類が発売されましたが、従来のエンドウ製LN14用の「モーターホルダーH・Iセット」と互換性があるので、既設のものをそのまま使いました。片台車駆動なので、H側のネジ止めだけで、I側は撤去もせず無視します。

 動力伝達は気動車の常で、モーター台車間の余裕がないので、耐久性と工作の容易さで実績のあるシリコーンチューブに交換しました。

126

 裏から見ると、モーターホルダーIが無視されているのが分かります。それよりも、これを見るとエンジン部品の取り付け方を工夫することで、かなり奥まった位置に取り付けられそうです。床をくり抜かずに取り付ける方式だと、エンジンの下からモーターがはみ出しそうな気もします。

127

 元通りに組み立てて試運転を行いますが、先ずは連結しない状態でLN14とLN12の車を並べて走らせてみます。全体にLN14の方が多少早い感じで、上の写真のような感じになりました。モーターから発生する音は、LN12の方が静かでした。牽引力については、店レイアウトの気動車が全部動力車の設定ですから何とも言えませんが、走らせてみた感じではLN14と大差ない感触でした。

128

 何年か経っている上に、管理人の復活後、比較的初期に作ったものですから、目についた不備を手直しした上で連続走行試験です。連結すれば特にギクシャクすることもなく、LN12とLN14は混結問題なしということになりそうです。

 今夜は、慣らしも兼ねたこの試運転までですが、明日以降LN15搭載のものも連結した3種混合のテストを行いたいと思います。

 同時に発売されたモーターホルダーと合わせて、特に動力部分外観も重視する運転派の方には遊んでいただけそうなモーターです。価格設定がエンドウ扱いのものより、かなり安めなのも魅力ですね。店レイアウトに置いてありますので、実際の走りなどはお越しいただいた時にご覧ください。

|

« フジモデルなど今月の生産品 | トップページ | LN12 3種混結試運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フジモデルなど今月の生産品 | トップページ | LN12 3種混結試運転 »