« ドアの取り付け | トップページ | 小パーツの取り付け »

2015年8月 4日 (火)

車輪を入れてみます

  ドアが付いて全体のイメージが見えてきたワラ1、車輪を入れてみます。

W0

  まず最初に⑤の項目に沿って、床板にハンダ付けする部品を取り付けます。何でオプションの設定なのか分かりませんが、足踏み式の側ブレーキ関係も取り付けるので、それの取り付け部分のパーツもハンダ付けしておきます。

W2

  まだ途中なので、軸受け部も含めて全部のパーツは付いていません。軸受部分は「単軸台車」として設定されているように、模型での構造はあたかも台車のような構成です。もちろん首は振らないのですが、片側の台車にはガタを持たせることで、線路の凹凸に対応するようになっています。2軸貨車というのは、実車もそうですが構造上かなり不安定なので、この辺の調整は丁寧にやる必要があります。

W1

  取りあえず線路に載せてみました。まだ単純に床に車体を被せただけなので、傾きなどの調整はこれからですが、ワラ1に見えるようになりました。

  大した追加ディテールもありませんが、エアホースはキットのものがソフトメタルでしょぼいのでロストの他社品にしようかとか、妻板に尾灯掛け(もちろん車掌車廃止前の設定なので左側1個)とかを追加しようかな、と考え中です。

|

« ドアの取り付け | トップページ | 小パーツの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドアの取り付け | トップページ | 小パーツの取り付け »