« デカール実験の続き | トップページ | 今週の入荷品から »

2015年8月20日 (木)

ワラ1試運転

 関東地方もようやく猛暑から解放されたので、作業が進みます。続いて試運転です。転がりの悪さに定評のあるアダチの貨車用軸受ですが、セラミックグリスを塗布することで、かなり改善しますし、軸が鳴くのも抑えることが出来ます。

W1_2


 ワフの次に連結します。比較対象だったツムがその次です。やっぱりツムのデカール膜、目立ちます。レイアウトに出しっぱなしなのでみんな埃を被っています。ワラも線路に載せる時に埃が付いてしまいました・・・。

 走らせてみると、やはりプラ製品と違って、ガチャガチャというあの2軸貨車の雰囲気が出ています。

W2_2

 走行が不安定な2軸車ですから、ポイント通過のテストも欠かせません。アダチの2軸車では、片側の台車にガタを持たせることでレールの凸凹に対応するようになっていますから、ガタを確実に持たせるのがポイントになります。ガチャガチャと良い感じの音を立てて通過してくれました。走行試験は一発で合格です。

 もう一つ、この手の貨車では連結・解放が大事です。両端の連結器の動作を確認します。

Kaihou1

Kaihou2

 キットでは#6相当のケイディーが指定ですが、#5相当のスケールヘッド、#158を使いました。2軸車ということで連結間隔がかなり詰まったにもかかわらず、問題はありませんでした。

 このワラ1は、取りあえずこの状態で使うことにします。

|

« デカール実験の続き | トップページ | 今週の入荷品から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デカール実験の続き | トップページ | 今週の入荷品から »