« 車輪を取り付けました | トップページ | 営業のお知らせ »

2014年10月 9日 (木)

ついに!

 おおよそ形になったIMONの登山モハ1を店に持ち込みました。地元ネタということで、店のディスプレイとしても効果的だと思います。まだ細部の仕上げや連結試運転と調整などが残っていますが、ここに、管理人が高校生から大学生の頃の登山旧型車の基本6バリエーションがついに揃いました。

Ht1

Ht2

 既存のオカ製も動力装置を改良したりなど、バブル経済の頃から実に20年以上いじり続けているシリーズですが、まだまだ手直しすべき個所はあります。パンタも全部取り換えたいところですね。

 値段を考えると恐ろしいことになるのですが、IMON、オカとも1両あたりの材料費は5万円前後、6両あるのでざっと30万円くらいは突っ込んだ計算ですが、1か月あたりにしたらNゲージの登山よりも圧倒的に安かったりします。

 IMONのキット、届いた時は「何だこれは?」と言う感じでした。

Hthako1

 プラモデルの箱の下の部分みたいなのに入っていましたから。

Hthako2

 でも開けてみたら、完成した車両を収納できるこんな箱が付属していました。ちょっとした気遣いですが、これはポイント高いですね。

 登山電車は、管理人が学生時代に過ごした「小田原」がテーマなのです。

|

« 車輪を取り付けました | トップページ | 営業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車輪を取り付けました | トップページ | 営業のお知らせ »